早坂吝「虹の歯ブラシ 上木らいち発散」

虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社文庫)
早坂 吝
講談社 (2017-09-14)
売り上げランキング: 252,055

内容(「BOOK」データベースより)

上木らいちは様々な客と援交している高校生で、名探偵でもある。殺人現場に残された12枚の遺体のカラーコピー、密室内で腕を切断され殺された教祖、隣人のストーカーによる盲点をつく手口―数々の難事件を自由奔放に解決するらいち。その驚くべき秘密が明かされる時、本格ミステリはまた新たな扉を開く!さらに過激で、さらに斬新な傑作誕生!!「奇才」による待望のメフィスト賞受賞第1作!


「紫は移ろいゆくものの色」構成上犯人は明らかで、肝心のハウダニットの謎は考える気が失せた。というのも恐ろしい叙述トリックの気配を感じ取ったためだ。太字で強調された文をもとに中学生レベルの方程式を解くと、その直前の記述と矛盾が生まれ、それを解消しようとすると身の毛もよだつ事実が浮かび上がってくる。この一編では伏線が放置されたので、きっと最終話に種明かしがあるのだろう。炸裂するのを楽しみにしていよう。
「藍は世界中のジーンズを染めている色」推理の穴を埋めるための証拠が不自然。またしても意味深な太字。それに関連する伏線も見つけた。
「青は海とマニキュアの色」やられた。バカミスだ。しかも無駄に論理的。今度の太字の評価に困っていたら、これまでの想定と矛盾する描写があった。この矛盾をなくす手段はたくさんあるが、今のところその合理性がないので、つづきに期待。
「緑は推理小説御用達の色」またやられた。二重の叙述トリックだ。もしかしたら三重かもしれない。そしてまた太字の評価ができない。
「黄はお金の匂いの色」伏線が見えたが、まだ結論は出ない。
「橙は???の色」???
「赤は上木らいち自身の色」見事に想定を上回られた。謎解きのカタルシスはないが、これはすごい。論理に重きを置く本格ミステリでありながら、同時にそれを皮肉るアンチミステリでもあり、そもそもミステリである意味をなくすようなメタフィクション性まで見せながら、しかし結局ミステリである。
スポンサーサイト

藤岡真「白菊」

白菊 (創元推理文庫)
白菊 (創元推理文庫)
posted with amazlet at 18.03.31
藤岡 真
東京創元社
売り上げランキング: 1,501,407

内容(「BOOK」データベースより)

画商兼インチキ超能力探偵の相良蒼司の元に持ち込まれたのは、『白菊』という謎めいた絵のオリジナルの捜索だった。世紀の大発見に繋がる可能性を秘めた絵の来歴を探るうち、相良は何者かに命を狙われ、依頼人は失踪してしまう。記憶喪失の女、怪しい骨董マニア、超能力バラエティまで絡み、事態は誰も予測し得ない方向へ!『グッベルスの贈り物』の藤岡真が放つ驚愕のミステリ。


普通のミステリだったぞ。
思わせぶりな書きぶりなので、もっと何かあるんじゃないかと期待していたが、そんなことはなかった。

詠坂雄二「遠海事件 佐藤誠はなぜ首を切断したのか?」

遠海事件: 佐藤誠はなぜ首を切断したのか? (光文社文庫)
詠坂 雄二
光文社 (2014-02-13)
売り上げランキング: 425,229

内容(「BOOK」データベースより)

佐藤誠。有能な書店員であったと共に、八十六件の殺人を自供した殺人鬼。その犯罪は、いつも完璧に計画的で、死体を含めた証拠隠滅も徹底していた。ただ一つの例外を除いては―。なぜ彼は遺体の首を切断するに至ったのか?遠海市で起きた異常な事件の真相、そして伝説に彩られた佐藤誠の実像に緻密に迫る!気鋭の著者が挑発的に放つ驚異の傑作!


短くまとまっていて良い。
トリッキーな形式の割には非常に読みやすかった。
ある意味でのフィニッシングストロークまで、良くできているが、驚愕の結末ではなかったので、それだけが残念だ。

島田荘司「写楽 閉じた国の幻」

写楽 閉じた国の幻〈上〉 (新潮文庫)
島田 荘司
新潮社 (2013-01-28)
売り上げランキング: 119,856

内容(「BOOK」データベースより)

世界三大肖像画家、写楽。彼は江戸時代を生きた。たった10ヵ月だけ。その前も、その後も、彼が何者だったのか、誰も知らない。歴史すら、覚えていない。残ったのは、謎、謎、謎―。発見された肉筆画。埋もれていた日記。そして、浮かび上がる「真犯人」。元大学講師が突き止めた写楽の正体とは…。構想20年、美術史上最大の「迷宮事件」を解決へと導く、究極のミステリー小説。


小説である必要がない。
あとがきにその言い訳が書いてあった。
そもそも写楽に興味がないので、そそられなかった。

島田荘司「星籠の海」

星籠の海(上) (講談社文庫)
島田 荘司
講談社 (2016-03-15)
売り上げランキング: 39,310

内容(「BOOK」データベースより)

瀬戸内の小島に、死体が次々と流れ着く。奇怪な相談を受けた御手洗潔は石岡和己とともに現地へ赴き、事件の鍵が古から栄えた港町・鞆にあることを見抜く。その鞆では、運命の糸に操られるように、一見無関係の複数の事件が同時進行で発生していた―。伝説の名探偵が複雑に絡み合った難事件に挑む!


先に映画を見て爆笑した。
御手洗のエスパーっぷりと『星籠』の正体にだ。
それだからあまり期待せずに読み始めたが、原作は全くの別物だった。
ほとんど冒険小説だ。
ここからミステリ部分だけを抜き出して再構成すると映画版になる。
エンターテインメントとしてはそのまま映画にしたほうが面白いと思うが、尺が足りないし、カットされた部分も大人の事情的に仕方がない。

探偵ミタライの事件簿 星籠の海 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2017-01-06)
売り上げランキング: 48,661

山田正紀「ブラックスワン」

ブラックスワン (ハルキ文庫)
山田 正紀
角川春樹事務所
売り上げランキング: 845,896

内容(「BOOK」データベースより)

世田谷の閑静な住宅街にあるテニス・クラブで、白昼、女性の焼死事件が発生した。ところが、捜査を進めていくうちに焼死した橋淵亜矢子は、十八年前に行方不明になっていたことが判明。当時女子大生だった彼女に一体何が起こったのか?焼死事件とのつながりは何なのか?雪の瓢湖に舞う「ブラックスワン」をキーに、青春時代の謎を追う本格ミステリーの傑作。


「人喰いの時代」の解説に名前が出ていたので、積ん読の山から探し出して読んだ。
メイントリックに騙されることができなかったのは残念だ。
それは置いといて、構成がすごい。
解説でバリンジャーについての言及があって納得した。

山田正紀「人喰いの時代」

人喰いの時代 (ハルキ文庫)
山田 正紀
角川春樹事務所
売り上げランキング: 473,244

内容(「BOOK」データベースより)

東京からカラフトへ向かう「紅緑丸」の船上で発見された変死体(「人喰い船」)、山中を走るバスから消えた五人の乗客の謎(「人喰いバス」)、谷底から消えた墜落死体(「人喰い谷」)、密室から消えた凶器の謎(「人喰い倉」)―。昭和初期を舞台に、放浪する若者二人―呪師霊太郎と椹秀助が遭遇した六つの不可思議な殺人事件を描く、奇才による本格推理の傑作。


「人喰い船」懐かしさを覚える作風。
「人喰いバス」やはり古典的。
「人喰い谷」現代では意外性の欠片もない。
「人喰い倉」これはアンフェアじゃないか?
「人喰い雪まつり」美しい話だった。
「人喰い博覧会」そしてメタフィクション。

短くて良かった。
妙な仮名遣いで少し読みづらかった。
非常に出来は良いが、今更読んでも、いい意味でも悪い意味でも期待通りでしかなかった。
ミステリを読み始めた頃に出会っていたら、さぞ衝撃的だったことだろう。

三津田信三「幽女の如き怨むもの」

幽女の如き怨むもの (講談社文庫)
三津田 信三
講談社 (2015-06-12)
売り上げランキング: 302,846

内容(「BOOK」データベースより)

十三歳で遊女となるべく売られた少女。“緋桜”と名付けられ、身を置いた世界は苦痛悲哀余りある生き地獄だった。戦前、戦中、戦後、三つの時代の謎の身投げの真相は“幽女”の仕業か、何者かの為せる業か。謎と怪異に満ちる地方の遊郭を舞台に、ミステリランキングを席巻した“刀城言耶”シリーズ第六長編、文庫降臨。


記憶力の低下が著しく、固有名詞も物語の展開も全然覚えていられない。
真相は、おそらく多くの読者が途中で想定しながらも、読み進めていくうちに否定したものを、改めて伏線回収によって肯定するという形で、意外性という意味では少々判断に困る。
第一部の時点で、明らかに書かれていない情報があったので、日記という形式と合わせて、叙述トリックを疑ったのだが、そんなことはなかった。
結末はもう一捻り欲しかったところだが、それは贅沢だ。

麻耶雄嵩「神様ゲーム」

神様ゲーム (講談社文庫)
麻耶 雄嵩
講談社 (2015-07-15)
売り上げランキング: 63,305

内容(「BOOK」データベースより)

神降市に勃発した連続猫殺し事件。芳雄憧れの同級生ミチルの愛猫も殺された。町が騒然とするなか、謎の転校生・鈴木太郎が犯人を瞬時に言い当てる。鈴木は自称「神様」で、世の中のことは全てお見通しだというのだ。鈴木の予言通り起こる殺人事件。芳雄は転校生を信じるべきか、疑うべきか。神様シリーズ第一作。


短くまとまっていて良い。
神様の存在はメタで面白い。
しかし、最後に示される真犯人は、それまでの推理と矛盾とは言えないまでも、明らかな齟齬があり、にわかには納得し難い。
読み返すのは面倒なので、ググってみたが、納得できる解答は見つけられなかった。
自分なりにまとめてみる。
まず、神様を信じるかどうかという問題がある。
個人的には信じるに値すると思う。
「火刑法廷」的な読み方をするには伏線が足りないからだ。
そうすると、次は密室トリックの解答。
ダミーと見られていた答えを採用すれば、一応の伏線もあるし、物理的に成立するにはする。
しかしそれが唯一絶対だという力強さはない。
こんなところか。
読後もしばらく楽しめたので良かった。
と締めようとしたところで思い出した。
「答えのない絵本」と同じだ。
調べたら初出は「メフィスト 2009年1月号」だったので、こちらのほうが後に書かれたようだ。
つまり、「木製の王子」→「神様ゲーム」→「答えのない絵本」というように進化したと考えると、本作のもやもや感にも納得がいく。
ところで、メルカトル鮎シリーズにおける時系列の矛盾を解消するための「メルカトル鮎 吸血鬼説」を、以前どこかで読んだ記憶があるのだが、調べてもわからないのでここに記しておく。

メルカトルかく語りき (講談社文庫)
講談社 (2014-07-11)
売り上げランキング: 53,673

火刑法廷[新訳版] (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ジョン・ディクスン・カー
早川書房
売り上げランキング: 148,244

早坂吝「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)
早坂 吝
講談社 (2017-04-14)
売り上げランキング: 67,091

内容(「BOOK」データベースより)

アウトドアが趣味の公務員・沖らは、仮面の男・黒沼が所有する孤島での、夏休み恒例のオフ会へ。赤毛の女子高生が初参加するなか、孤島に着いた翌日、メンバーの二人が失踪、続いて殺人事件が。さらには意図不明の密室が連続し…。果たして犯人は?そしてこの作品のタイトルとは?第50回メフィスト賞受賞作。


やられた。
紛うことなきバカミス。
ネタがあれだけに精緻な論理が際立つ。
タイトル当ての意義はよく分からなかった。

石崎幸二「日曜日の沈黙」

日曜日の沈黙 ミリア&ユリ (講談社ノベルス)
講談社 (2014-09-12)
売り上げランキング: 108,572

内容(「BOOK」データベースより)
『ミステリィの館』へようこそ。もともと当ホテルは密室で死んだ作家・来木来人の館。これから行われるイベントでは、彼が遺したという「お金では買えない究極のトリック」を探っていただきます。まずは趣向をこらした連続殺人劇をどうぞ。そして興奮の推理合戦、メフィスト賞ならではの醍醐味をご堪能下さい。メフィスト賞受賞作。


暗号に多重解決と盛りだくさんだが、これでいいのか?

三津田信三「生霊の如き重るもの」

生霊の如き重るもの (講談社文庫)
三津田 信三
講談社 (2014-07-15)
売り上げランキング: 211,743

内容(「BOOK」データベースより)

奇っ怪な分身、“生霊”の目撃談が語り継がれる奥多摩の旧家、谷生家。それが現れるとき、当人に死の影が指すと恐れられる謎の現象である。同家を訪れた刀城言耶は、そこで不可解な復員兵の死に遭遇するのだが…。表題作他、全五編を収録した“学生時代の事件簿”と言うべき“刀城言耶”シリーズ第二短編集。


「死霊の如き歩くもの」不自然な舞台装置はまさしく本格ミステリ。
「天魔の如き跳ぶもの」なんだか犯人像が不気味。
「屍蠟の如き滴るもの」やはりこの推理手法は短編に向いていない。
「生玉の如き重るもの」中編のボリュームだから推理手法がはまっていた。
「顔無の如き攫うもの」謎はシンプルで良いが、解決は駄目だった。

綾辻行人「奇面館の殺人」

奇面館の殺人(上) (講談社文庫)
綾辻 行人
講談社 (2015-04-15)
売り上げランキング: 84,844

内容(「BOOK」データベースより)

奇面館主人・影山逸史が主催する奇妙な集い。招待された客人たちは全員、館に伝わる“鍵の掛かる仮面”で顔を隠さねばならないのだ。季節外れの大雪で館が孤立する中、“奇面の間”で勃発する血みどろの惨劇。発見された死体からは何故か、頭部と両手の指が消えていた!大人気「館」シリーズ、待望の最新作。


見事な一発ネタだった。
種明かしされてみると、気づいてしかるべきだった。
パズル要素が前面に押し出されていたので、かなり意外だった。

1ヶ月ぶり2回めのネズミによる光ファイバー切断のため、読書が捗った。

米澤穂信「リカーシブル」

リカーシブル (新潮文庫)
米澤 穂信
新潮社 (2015-06-26)
売り上げランキング: 136,352

内容(「BOOK」データベースより)

越野ハルカ。父の失踪により母親の故郷に越してきた少女は、弟とともに過疎化が進む地方都市での生活を始める。だが、町では高速道路の誘致運動を巡る暗闘と未来視にまつわる伝承が入り組み、不穏な空気が漂い出していた。そんな中、弟サトルの言動をなぞるかのような事件が相次ぎ…。大人たちの矛盾と、自分が進むべき道。十代の切なさと成長を描く、心突き刺す青春ミステリ。


全体的に漂う不穏な気配はサスペンスっぽくて良い。しかし、ミステリ的には謎の核心になかなか迫らず、その周辺をうろうろしているように感じられて、イライラしたし、ラストも尻切れトンボっぽい。ヒロインの物語として読むときれいにまとまっている気もする。ある意味での大仕掛けはトンデモで、しかしながら予想を裏切るものではなかった。

光ファイバーの線をネズミに齧られて、ネットから切断されたので、読書が捗った。

大山誠一郎「密室収集家」

密室蒐集家 (文春文庫)
大山 誠一郎
文藝春秋 (2015-11-10)
売り上げランキング: 351,079

内容(「BOOK」データベースより)

鍵のかかった教室から消え失せた射殺犯、警察監視下の家で発見された男女の死体、誰もいない部屋から落下する女。名探偵・密室蒐集家の鮮やかな論理が密室の扉を開く。これぞ本格ミステリの醍醐味!物理トリック、心理トリック、二度読み必至の大技…あの手この手で読者をだます本格ミステリ大賞受賞作。


本格ミステリだった。連作としての仕掛けが炸裂するのを期待していたが、不発に終わった。トリックは見え見えで、推理にはツッコミどころ満載だが、いくつか意外な犯人が見えて楽しかった。

梓崎優「叫びと祈り」

叫びと祈り (創元推理文庫)
梓崎 優
東京創元社
売り上げランキング: 326,938

内容(「BOOK」データベースより)

砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦…ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第5回ミステリーズ!新人賞受賞作を巻頭に据え、美しいラストまで突き進む驚異の連作推理。各種年末ミステリ・ランキングの上位を席捲、本屋大賞にノミネートされるなど破格の評価を受けた大型新人のデビュー作。


「砂漠を走る船の道」どうやら叙述トリックが仕掛けられていたようなのだが、わかりやすすぎて、その事実を意図的に隠しているのか、単に描写が下手なのか、判断できないまま、クライマックスに突入して、思い描いていたとおりの情景が現れ、反応に困った。それを抜きにしてもミステリ的には弱い。ソリッドシチュエーションってことなのかな。
「白い巨人」なぜか非常に読みづらかった。そして謎の答えがひどかった。
「凍れるルーシー」オチがはっきりしない。オカルトなのか?
「叫び」スリラー。
「祈り」これは叙述トリックなのか? 
面白かったが、ミステリ的には評判ほどのものとは感じなかった。

森博嗣「ダマシ×ダマシ」

ダマシ×ダマシ Xシリーズ (講談社ノベルス)
講談社 (2017-05-03)
売り上げランキング: 83

内容(「BOOK」データベースより)
「もしかして、ある人に騙されてしまったかもしれないんです」上村恵子は、銀行員の鳥坂大介と結婚したはずだった。求められるまま口座を新設し、預金のすべてを振り込んだ。だが、彼は消えてしまった。預金と共に。鳥坂の捜索依頼を受けたSYアート&リサーチの小川令子は、彼がほかに二人の女性を騙していたことをつきとめる。だが、その鳥坂は死体となって発見された。事務所メンバの新たなる局面。Xシリーズ最終話!


キャー!西之園さんだ!キャー!と、西之園さんの大ファンの私は彼女が登場するだけで満足なのだが、今回は謎らしい謎がなく、存外、普通の話だと思って読み終えようとしたら、最後に同窓会が始まってびっくりした。一気読みしたから伏線を覚えている。それゆえやられた感が強い。これでXシリーズは綺麗に完結したが、ナオミって誰だ?

麻耶雄嵩「貴族探偵対女探偵」

貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)
集英社 (2016-11-04)
売り上げランキング: 332

内容(「BOOK」データベースより)
新米探偵・愛香は、親友の別荘で発生した殺人事件の現場で「貴族探偵」と遭遇。地道に捜査をする愛香などどこ吹く風で、貴族探偵は執事やメイドら使用人たちに推理を披露させる。愛香は探偵としての誇りをかけて、全てにおいて型破りの貴族探偵に果敢に挑む!事件を解決できるのは、果たしてどちらか。精緻なトリックとどんでん返しに満ちた5編を収録したディテクティブ・ミステリの傑作。


「白きを見れば」先にドラマを見てしまったのでネタバレ済み。原作のほうが面白いな。
「色に出でにけり」なんか普通のミステリだったぞ。
「むべ山風を」また普通。驚天動地の真相を期待するのが間違っているようだ。
「幣もとりあへず」なんて油断していたら『こうもり』の衝撃が再び!先にドラマを見てしまったのが大失敗だった。しかしそれでも展開が違うなと思っていたらまさかのアレに度肝を抜かれた。
「なほあまりある」お見事。しかし残念ながらこの形式はこれで終わりのようだ。次のコンセプトが気になる。

ドラマ化を機に読み始めたら一気に読めた。
読了したのは半年ぶりだ。
「神は沈黙せず」は去年からちまちまと読み進めているのに未だに上巻すら読めていない。
この差はなんだろう?

東野圭吾「禁断の魔術」

禁断の魔術 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋 (2015-06-10)
売り上げランキング: 6,181

内容(「BOOK」データベースより)

高校の物理研究会で湯川の後輩にあたる古芝伸吾は、育ての親だった姉が亡くなって帝都大を中退し町工場で働いていた。ある日、フリーライターが殺された。彼は代議士の大賀を追っており、また大賀の担当の新聞記者が伸吾の姉だったことが判明する。伸吾が失踪し、湯川は伸吾のある“企み”に気づくが…。シリーズ最高傑作!


読みやすい。
面白い。
ミステリ的には特筆すべきものはないが、エンタメ的にはこれで必要十分である。
もはやラノベである。

歌野晶午「絶望ノート」

絶望ノート (幻冬舎文庫)
歌野 晶午
幻冬舎
売り上げランキング: 110,075

内容(「BOOK」データベースより)

中2の太刀川照音は、いじめられる苦しみを「絶望ノート」と名づけた日記帳に書き連ねた。彼はある日、頭部大の石を見つけ、それを「神」とし、自らの血を捧げ、いじめグループの中心人物・是永の死を祈る。結果、是永は忽然と死んだ。が、いじめは収まらない。次々、神に級友の殺人を依頼した。警察は照音本人と両親を取り調べたが、殺しは続いた。


面白かったけどそれ以上に長かった。
長かった分、終盤における怒涛のような種明かしは、それでいいのかと思う部分もあったものの、十分なカタルシスを与えてくれた。
残念だったのは、おそらくメイントリックであるところの一番大きな仕掛けが早々に見えてしまったことだ。
そのせいで謎が無効化されて真相がどうでもよくなった。
それでも何か別の予想だにしないトリックが仕掛けられているのではと期待しながら読み進めたが、その期待は儚く消えた。
これが300ページくらいにまとまっていたら文句なしの傑作だっただろう。

| NEXT>>

検索フォーム
Amazon
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR