YouTube 倍速再生 Chrome

なぜか忙しいのでYouTubeを視聴するときはほとんど倍速にしている。
気づいたのはかなり前だが、最近特に気になりだしたことがある。
それは倍速再生のときにだけ、カクつく動画があることだ。
いろいろ見比べて、その条件がわかった。
完全な無音である。
PC版Google Chromeで、倍速再生したときの現象だ。
これは1.25倍でも1.5倍でも2倍でも同じ。
試しに同じ動画をFirefoxで倍速再生してみたが、なめらかに再生されたので、おそらくChrome固有の現象だ。
動画がカクつくだけでなく、他の動作も重くなるので改善してほしい。
スポンサーサイト

User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。ユーザープロファイルを読み込めません。

iTunesとアバストを更新して再起動したら、タイトルのメッセージが表示されてログインできなくなった。
スマホで調べたらよくあることらしく、対処法がすぐに見つかった。

まず、セーフモードで起動して新しい管理者アカウントを作る。
次にユーザーアカウントプロファイルを修正。
再起動したらログインできるようになった。
作ったばかりの管理者アカウントを削除。
これでおそらく元通り。

Firefox リフレッシュ

Ver.58.0.1
57にアップデートするときに劇的に速くなるという話だったのに、そんな気配はまったくなく、58になっても状況は変わらないどころか悪化したようにさえ感じた。
特にメモリ消費量が多い。
起動時すでに1GB近く使っていて、時間経過とともにどんどん増えていき、最終的には応答なしになる。
タブはせいぜい5,6個しか開かないので、使い方の問題ではなさそう。
アドオンが悪さしているかもしれないので、セーフモードで起動してみたが、変化はなし。
ということで、リフレッシュすることにした。
ワンクリックで簡単だった。
しかしメモリ消費量は変わらず、どうやらこういうものらしい。
アドオンはとりあえずuBlock Originだけ入れたら、心なしかページ表示が早くなった気がした。

しばらくChromeをメインで使っていこう。

追記;
Chromeと比べてみた。
起動時のメモリ消費量はFirefoxのほうが大きい。
タブを増やすと、Chromeはどんどんメモリを食うが、Firefoxはその増大が緩やかで、全体の消費量はタブが10を超えた辺りで逆転する。
Chromeはタブを閉じればメモリ消費量が下がるが、Firefoxは下がらない。

PC再利用

LL770/ED。
12年前のノートPCだ。
メモリを増設してあるので768MB、HDDは一度交換したが容量は据え置き。
DVDドライブは調子が悪く、ブランクDVDを認識しない。
ファンがうるさいが一応まだ動くので、LinuxBean14.04を入れてみた。
目的はネットサーフィンとYouTubeの視聴。
インストールはつつがなく終わり、起動もした。
Wi-Fiも簡単に接続完了。
MozcとFirefoxをインストール。
起動時のメモリ使用量は120MB程度で非常に軽いのだが、Firefoxを起動すると700MBをすぐに超えて重くなる。
YouTubeも見れはするが360pですら快適とは言えない。
ブラウジングはデフォルトのOperaを使えば軽快だが、非対応サイトが多くて使いづらい。
ブラウザは軽いものを探すことにして、その他にしばらく使ってみて困った点が2つある。
Wi-Fiの5Ghzを認識しない。
XPのときにあったラウドネス等化の設定ができない。
特に後者は致命的だ。
YouTubeを見ているとたまに爆音が轟く。
前者については実害はないが気になる。
こんな感じで不満を挙げていけばきりがないが、概ね快適と言っていいのではないか。
もうひとつあった。
起動に妙に時間がかかる。

Firefox Shockwave Flash

Flash playerの最新版をインストールしているのにFirefoxが更新を促してくるので、プラグインの設定画面を確認したら、古いバージョンの.dllファイルが表示されていた。
保存場所を調べて、古い方を削除したら、更新の催促がなくなった。
以前にもQuickTimeプラグインが複数並んでいて気持ち悪かったことがある。
そういえばHDDを交換してから、まだiTunesをインストールしていないことを思い出した。

それはそれとして、最近特に重い。
YouTubeを見ていたらメモリ消費がどんどん増えて動作がもっさりしだし、ついには再起動を余儀なくされる。
他にも何もしていない状態で常にCPU使用率が10%前後あり、そのせいで動画視聴中にファンがうるさくなる。
なのでChromeを動画専用で起動しているが、こっちはこっちでメモリ消費がえげつない。
Chromeに乗り換えたいが、どうにも慣れないし、かゆいところに手が届かない。特にブックマーク周り。
あとなぜかublock originの設定が消えてしまった。

AH700/AN HDD 交換

木曜日にYouTubeを見ていたら、断続的に音声にノイズが入り始めた。
しばらくしたらシステム全体がフリーズした。
案の定シャットダウンを受け付けないので、電源ボタン長押しで強制終了。
再起動しようとしたら失敗した。
セーフモードでの起動に成功して、CrystalDiskInfoを起動したら、代替処理済みのセクタ数が激増していた。
32500時間だからよく持った方か。
新しいPCの購入も考えたが、今はちょっと時期が悪そうなので、HDDを交換することにした。
SSDの導入も検討したが、値段と容量の問題で断念した。

Amazonで安かったのでこれにした。
一応データの救出もできたらいいなと思ってHDDケースも一緒に注文した。
金曜の夜に注文して日曜の朝に届いた。
予想外の早さだったが作業時間が取れてちょうどよかった。
まずHDDを入れ替えた。
古いPCのリカバリはAFTがどうのという情報を見つけたので、iastor.sysをダウンロードして、UbuntuのLiveUSBも作った。
そしてリカバリディスクを使ってリカバリ。
これに4時間もかかった。
リカバリディスクの中のiastor.sysが新しかったので、Ubuntuも結果的に必要なかった。
そこからアップデートに2時間、壊れたHDDからデータをコピーするのに2時間で力尽きた。
設定をまるまる復元するのは諦めたので使いながらのんびり調整していこう。

HDDの音が気になるのでググったら、CrystalDiskInfoでAPMをいじったらいいと書いてあったので、その通りにしたらカチカチ音がなくなった。
常駐させておかないといけないのが気に入らないがまあいいだろう。

そろそろスペック的にきびしくなってきた

core i5 450M
4GB RAM

今日YouTubeを見ていたら急にファンがうなりだしたので何事かとタスクマネージャーを確認したら、CPU使用率が50%を超えていた。
どうやら60fpsの動画の再生が負荷になっているらしい。
他にも最近ブラウザのメモリ消費が激しく、動作がもたつくことが増えてきた。
そろそろ新しいPCを買うべきか。

続・WSR-1166DHP


NTTのホームゲートウェイにつなげて、アクセスポイントモードで運用している。
ファームウェアをVer.1.11にしてから、DHCPでIPアドレスを取得できなくなり、再起動しても改善されないので、Ver.1.10にしたら、IPアドレスは取得できるようになったが、AOSSの設定が消え、再設定を強いられた。
別にIPアドレスを取得できなくても、Wi-Fiとしての機能は果たしているので、それ自体は問題なかったのだが、2.4GHz帯の接続が頻繁に不安定になるので、端末から再起動するのにIPアドレスが必要だった。
そしてその不安定さは未だ解決されていない。
しかし、その原因というか、不安定になる条件は判明した。
家族が使っているXperiaである。
それがWSR-1166DHPに2.4GHzで接続しているときに、PCで通信できなくなる。
普段は中継機経由で5GHzの方に接続しているのだが、何かの拍子に親機に接続することがある。
試しにFJL22と3DSを2.4GHzでつなげてみても、PCでの通信は安定していた。
Windows7のトラブルシューティングではどうやら暗号化まわりがあやしいらしい。
しかしどう設定をいじるべきかわからないのでお手上げ。

マウス

6年半使ったPC付属のマウスがときどき不調になるので新調した。
BUFFALO 有線BlueLEDマウス 静音/5ボタンタイプ ブラック BSMBU19BK
バッファロー (2014-11-07)
売り上げランキング: 311

5ボタンで安かった。
進む・戻るボタンは慣れれば使いやすそう。
静音タイプを初めて使うが、音は響かないだけで決して小さくはない。
サイズが大きめなので手を上に置けるのが楽でいいかも。
ホイールは重いし、カタカタうるさいし、内側が透明で青い光が透けるのがうざい。
最大の問題は耐久性だが、これは使ってみないとわからない。
今まで使ってきたマウスはどれもホイールが最初に駄目になった。
しばらく様子見で、次はゲーミングマウスにしてみよう。

WSR-1166DHP

ファームウェアは最新のVer.1.11
NTTのホームゲートウェイと有線で繋いで、アクセスポイントモードにして無線LAN親機として使っているのだが、DHCPでIPアドレスを取得できない。
HGW == WSR-1166DHP -- WZR-600DHP2 -- PC
IPアドレスを取得できなくてもPCはインターネットに接続できるのでその点は問題ないのだが、頻繁に挙動がおかしくなるのでPCから再起動したいときにIPアドレスがないのは不便だ。
現在はIPアドレスを手動で設定することで対処しているが、そうすると今度はNTPで時刻を取得できなくなる。
どうやらデフォルトゲートウェイとDNSの設定が必要らしいのだが、これ以上設定をいじっておかしくなるのが不安でやる気にならない。

その他の不具合も挙げておく。
・端末を複数台同時に使用すると2.4GHz帯の通信が不安定になる。(混線?熱暴走?)
・5GHzの電波が届く距離が短すぎる。また、電波状況は良好なのになぜかインターネットに接続できなくなることがある。
・中継機を通してインターネットに接続できなくなることがある。(これは中継機の問題か?)
・以前は親機と中継機の間を5GHzで接続しても2.4GHzと5GHzの両方のSSIDを中継できていたのだが、今はそれができなくなった。5GHzで接続したら中継機は5GHzしか中継できず、2.4GHzの場合も同様。バッファローの公式サイトを見る限り、こういう仕様のようだが、ではなぜ以前はできていたのかという疑問が残る。

この間からPCが頻繁にフリーズしていたのだが、いつも最初にインターネットに接続できなくなって、徐々に他のソフトが動かなくなるので、無線LANが原因だと思っていた。
しかし色々調べるとHDDの故障ではないかという疑いが持ち上がり、エラーチェックをしても異常は見つからず、2年ぶりにデフラグをしたところ、2週間ほどフリーズには見舞われていない。
500GBのHDDを半々にパーティション分割をして使っているのだが、断片化の激しいDドライブをデフラグしたら、Cドライブの断片化率も下がった。単一の物理ドライブだから当然か。
いつの間にかCドライブのデータ量が肥大化しているのだが、クリーンインストールをしたらどのくらいになるのだろうか?

Minecraft PC版

最近PCの調子が悪いので買い替えを検討している。
どうせならマインクラフトをプレイできるものにしようと思い、試しに今のPCでどれくらい動くのか見てみた。
アカウントを取ってダウンロードするだけで100分間遊べるらしい。
スペックは
OS:Windows7
CPU:core i5 450M
GPU:Intel HD Graphics
RAM:4GB
初期設定のままだと、FPSが15前後でかなりカクついていたが、一応動くことは動いた。
グラフィック設定を落とすと30以上でプレイに支障のないレベルになった。
CPU使用率は20~30%で推移しているのでGPUがボトルネックになっているようだ。
軽量化MODを導入すればもっと良くなるかもしれない。
しかし問題はメモリだ。
20分ほど歩き回っていたら挙動がおかしくなったのでタスクマネージャーを見ると、メモリ使用率が80%を超えていた。
ブラウザを開いているときは70%を超えると明らかにレスポンスが悪くなるので、それと比べると異常だ。
マインクラフトだけで2GB以上使っていた。

というわけで、メモリ8GB以上で最新のCPUなら快適に遊べそうなので、その辺りを狙っていこう。
でもFGOは超重いし、モンストはしょっちゅう落ちるし、スマホの買い替えの方が先になりそう。

無線LAN 中継 改悪?

このところずっと無線LAN周りの調子が悪かったので、親機と中継機のファームウェアをアップデートした。
すると、以前より親機-中継機間の5GHzでの接続が安定するようになった。
具体的には、中継機のIPアドレスが行方不明になることがなくなった。
ところが、今度は別のところがおかしくなった。
以前は、親機-中継機間を2.4GHzで繋いでも5GHzで繋いでも、中継機を通して両方のSSIDに接続できていた。
しかし現在は2.4GHzで接続したら2.4GHz、5GHzで接続したら5GHzしか中継しなくなった。
念のため、Wi-Fi Analyzerで電波状況を見ても、やはり中継機からは片方しか電波が出ていない。
5GHz優先で接続しているので、スマホから見ると親機の弱い2.4GHzの電波と、中継機の強い5GHzしか見えない。
以前は中継機から出ている2.4GHzのSSIDも表示されていた。
これに伴い、5GHzに対応していないPCは親機への接続を余儀なくされ、結果的に「IPアドレスが競合しています……」というエラーメッセージは表示されなくなり、5GHzに対応しているスマホの接続は安定したのだが、中継機から2.4GHzでやっと届いていた部屋に電波が届かなくなった。
かろうじて親機の電波が届くので、不安定ながら接続はできるが、これでは中継機導入前の環境に逆戻りだ。
親機と中継機を2.4GHzでつなぐと電波が干渉して、回線速度が急激に落ちる。
何か良い解決策はないものか。

Firefox Sync

最近、PCのファンが頻繁に唸りをあげるので、タスクマネージャを開いてみたら、FirefoxのCPU使用率がなぜか高かった。
確認すると、Syncの同期中にCPU使用率が上がるようだった。
「about:sync-log」でログを確認したら、エラーでいっぱいだった。
.txtの中身を見たら履歴の同期に失敗しているようだったので、設定で履歴を同期対象から外した。
今のところはこれで落ち着いているが、地味に不便さを感じるのでどうにかしたい。

不具合頻発

「IPアドレスが競合しています」というメッセージが表示されて、しばらくするとインターネットに繋がらなくなる。
ルーターを確認してもアドレスの重複はない。
トラブルシューティングツールを使うとネットワークアダプタのリセットで一旦繋がるようにはなるが、またしばらくすると同じメッセージが表示されて繰り返し。
そして不意にフリーズしてシャットダウンもできなくなる。
トラブルシューティングツールの詳細を確認すると、電波が弱いとかチャンネルが干渉しているとか表示されている。
電波は十分。このPC以外は問題なく繋がる。
電波干渉はしている。親機と中継機のチャンネル選択は自動にしているが、機能せず干渉する。チャンネルの固定は試してみたものの中継機のほうが上手くできない。干渉がひどい時は速度が異常に遅くなるので今回は違う。
ということで原因不明なので非常に面倒くさい。
中継機が悪さをしているようではあるが、これを撤去するとスマホが繋がらなくなるので難しい。

不具合再発

またしてもエクスプローラがフリーズした。
経緯は以前と同じ。
まずインターネットに繋がらなくなる。
次にアプリが起動しなくなり、徐々に反応しない場面が増える。
しばらくすると「エクスプローラは動作を停止しました」というメッセージが出て、エクスプローラの再起動を促されるので、それに従うと、終了はするが、再起動はせず、多くの操作ができなくなる。
電源ボタンを押すとシャットダウンする設定にしているので、シャットダウンを選択することはできる。
しかしいつまでたってもシャットダウンできず、放置していたらスリープする始末だ。
結局電源ボタン長押しで強制終了することになる。
再起動すると何も問題は感じられない。
新しい無線LANルーターを導入してから起きだした問題だから、そこが原因のように思えるのだが、対策は思いつかない。
速度が妙に遅いのも気になる。
マルチSSIDが原因だと思うのだが、仕様を理解してないので、今はどうにもできない。

PlayStation4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH1100AB02)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-10-09)
売り上げランキング: 7

新・無線LANルーター

ついに新しい無線LANルーターを導入した。
BUFFALOのWSR-1166DHP



手頃な値段で必要な機能がほぼ揃っている。
設定は簡単。中継機との接続も問題なし。

しかししばらくして問題が発生した。
メインPCの回線速度が急に低下し、やがて繋がらなくなった。
さらには、エクスプローラがフリーズし、シャットダウンさえできなくなった。
無理やり再起動したが同様の現象の繰り返し。
おかしくなったのはWSR-1166DHPに接続してからなので、こういう時はAOSSが怪しいとにらみ、クライアントマネージャⅤをアンインストール。
Windows標準の機能で接続設定をしたら、とりあえずは落ち着いた。

一番の問題だった、FJL22のWi-Fi接続が不安定だった問題が解消された。
ただしローミングはできていない。
親機のそばで接続確認して中継機のそばに移動すると、画面上は接続は維持されているが、インターネットにはつながらない。
FJL22にローミングの機能がついていないのかもしれない。
アプリでできるようになるみたいだが、これについては保留。

残る問題はやはり電波の届く距離が短いこと。
速度を維持するために親機-中継機間を5GHzで接続したいのだが、5mも離れてないのにギリギリなのだ。
あとはなぜかIPアドレスが競合すること、それとサブPCが再び中継機につながらなくなったことが解決を待っている。

追記;
問題1つ追加。中継機を挟むとプリンターと接続できない。
サブPCは2.4GHzでは繋がった。5GHzでは繋がらない。
もう一つ問題。速度が遅い。古いPCが混在しているのが原因か。

5年ぶりの熱暴走

PC-LL770/EDが中継機につながるようになったので、壊れるまで使い倒そうと思って、このところメインとして使っている。
メモリが少ないのでマルチタスクは絶望的だが、艦これはそれなりに動くし、ローカルではHD動画も再生できるので、意外と快適。
さて、そんな今日このごろだが、この度、5年ぶりに熱暴走した。
スタンバイからの復帰で、ファンが回らなかったことが原因だ。
挙動が異常にもっさりしだしたので、HWMonitorでCPUの温度を確認したら90℃を超えていた。
掃除機で排気口から熱気を吸い出しつつ、どうにか再起動したら、ファンが回り出した。
起動時には最初にファンを回すから、そこで回らなければ起動しないが、スタンバイからの復帰の際はその仕組みが働かないらしい。

無線LAN 中継 解決?

親機:WHR-AM54G54
中継機:WZR-600DHP2
端末:AH700/AN・LL770/ED・FJL22・3DS

上記のような環境で、LL770/EDとFJL22がインターネットにつながらなくて困っていた。
この度、問題が進展したので、ここに記録しておく。

まず結論から、下のリンク先と同じ作業をした結果、LL770/EDは無事つながるようになった。
http://dynabook.com/assistpc/faq/pcdata/005056.htm
試行錯誤しているうちに、AOSSが怪しいとにらみ、AirStationの設定画面からAOSSの情報を消去し、PC上のクライアントマネージャ3をアンインストールした。
その後Windowsのワイヤレスネットワーク接続で再設定。
ところがまだつながらない。
そこで偶然見つけた情報に従ったら、つながるようになった。
しかし、まだ問題は残っている。
11gのSSIDではつながるが、11aではつながらないのだ。
またFJL22の問題は未解決。
こちらは中継機を再起動すれば一旦はつながるので別の問題のように思える。

光 開通

ようやく光が来た。
フレッツ光ネクスト隼。
説明書に沿って設定を進めて難なく接続完了。
さっそく回線速度を測定してみた。
HGWから有線で110Mbps。まあこんなものか。
次は無線の設定。
少し手こずったが、無線親機をブリッジモードにすることで解決。
こちらも早速速度測定。
22Mbps。中継機を通してみても同じくらいだった。
とりあえず今までの10倍以上だから十分速いのだが、明らかにWHR-AM54G54がボトルネックになっているのは無線メインで使うからには気になる。
WHR-AM54G54は最大54Mbpsだから22Mbpsしか出ないのも当然だ。
そろそろ引退の時が来たのかもしれない。
最近夜中によく途切れていたしな。
そこで中継機として使っているWZR-600DHP2を無線親機として試したのだが、なぜか繋がらなかった。
当然ブリッジモードにしている。
HGW-有線-WZR-600DHP2-有線-PCだと繋がった。速度は100Mbps超。
よくわからん。
たぶんPPPoEの設定が悪さをしているのだと思う。
前にも似たようなことがあった。
HGWがルータなので無線LANルータのIPアドレスが変わって(親機と中継機がブリッジモードで同じIPアドレスになって競合してる?)設定画面が開けない。
方法はあるみたいだが、面倒臭そうなので今はパス。
初期化した方が早い気もするが、現在の中継機としての設定が消えるのは好ましくない。ファームウェアの更新もやり直すことになるからな。
それよりも新しい無線LANルータをもう一台買ってくるのが先か。
WZR-600DHP2はハイパワーを謳ってはいるが、弱いんだよな。
母屋-離れの間6,7メートルが限界みたいで、5GHz帯は直線距離にして3メートルもない2階にも届かない。
距離的には指向性アンテナを付けたWHR-AM54G54の方が倍くらい遠くまで届く。

候補;
NEC Aterm WR9500N[HPモデル] PA-WR9500N-HP
NEC (2011-10-22)
売り上げランキング: 342

日本電気 AtermWG600HP PA-WG600HP
日本電気 (2013-07-20)
売り上げランキング: 810

速度はあまり必要ではないし、NECも試してみたいからこの辺りでどうだろうか。

f.lux ccc

メインがこんな状況なのでサブを使っているのだが、久しぶりに使うと画面がとても眩しい。
輝度を最低にしても目がチカチカする。
そこで、メインにはf.luxというソフトをインストールしていたことを思い出した。
https://justgetflux.com/
目に悪いブルーライトをカットするという代物で、導入当初は画面が赤みがかって違和感があったのだが、すぐに慣れてその存在を忘れていた。
どの程度の効果があるのかはよくわからないが、目がチカチカすることはなかった。
ということで、サブにもインストールしてみたのだが、これが最悪。
起動した途端に動作が重くなり、タスクマネージャで確認したところ、"CLI.exe"というプロセスが量産されていて、メモリを食い潰していた。
ググると"CLI.exe"の正体はATI Catalyst Control Centerだった。
重い動作と格闘しながらどうにかf.luxをアンインストールして、しばらく放っておくと元に戻った。
ちなみに通常時のCLI.exeは2つだけ。これが正常なのかどうかはわからないが。
まあ、とにかく、このパソコンにはf.luxを導入してはいけないということがわかった。


| NEXT>>

検索フォーム
Amazon
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR