法月綸太郎「法月綸太郎の新冒険」

法月綸太郎の新冒険 (講談社文庫)
法月 綸太郎
講談社
売り上げランキング: 206358

著者の小説を順番に読んでいなかったからか読みどころを掴めなかったが、まあまあ興味深い。
全体的に意外な犯人ではなく意外な真相ものだった。
スポンサーサイト

道尾秀介「向日葵の咲かない夏」

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
道尾 秀介
新潮社
売り上げランキング: 5329

痛いな。
これは痛い。
子供の視点だから余計に。

しかし驚愕するためには、もうこのような形式しか残されていないのだろうか?
S&Mシリーズや初期島田作品のような驚きを味わいたいものだ。

山田正紀「阿弥陀」

阿弥陀(パズル) (幻冬舎文庫)
山田 正紀
幻冬舎
売り上げランキング: 787418

事件はシンプルでいい。
風水火那子のキャラクターもミステリアスで愛嬌と哀愁を兼ね備えていていい。
北見志穂よりは好きだ。
トリックはシンプルなのだが、簡単に思いつけるものではなく、伏線は知識を要求する。
ただ、知識はなくとも想像力で補えば十分に足りる範囲なので、アンフェアではない。
長さも適当でよかった。

小野不由美「東亰異聞」

東亰異聞 (新潮文庫)
東亰異聞 (新潮文庫)
posted with amazlet at 11.12.08
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 34214

これはすごい。
評判通り。
本筋の事件そのものも意外性の点では申し分なく、最後に明かされるトンデモな展開はさらにすごい。
ただ、こちらの時代物に関するアンテナの感度が悪いためか、世界観を受け入れられなかったのが残念。

三津田信三「十三の呪」

十三の呪  死相学探偵1 (角川ホラー文庫)
三津田 信三
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 197715

シリーズものだ。
そこかしこに将来に向けての伏線らしきものが張られている。
ホラー文庫である理由はわかった。
最初からほぼ異世界の展開なので、謎に魅力がないのがミステリとして致命的。

佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」

子供たち怒る怒る怒る (新潮文庫)
佐藤 友哉
新潮社
売り上げランキング: 329511

面白くない。
表題作は、導入部は魅力的なのだが、そこから先がいただけない。
「死体と、」は技術を感じた。筒井康隆の作品といわれても違和感はないだろう。
しかし、面白くない。

山田正紀「女囮捜査官2 視覚」

おとり捜査官 2 視覚 (朝日文庫)
山田 正紀
朝日新聞出版
売り上げランキング: 203503

かなりトリッキィ。
読みやすくて面白く長さも適切な点は好感が持てる。
チープな文体も絶妙。
解説にあったが、語り口に個性がないのだ。
だからチープに感じるのかもしれない。

東野圭吾「容疑者χの献身」

容疑者Xの献身 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 1349

すごいな。
さすがのストーリーテリングの手腕と意表を突く仕掛けが相まって傑作と評価するのに何の躊躇も要らない作品となっている。
大勢が評価したことは大いに理解できた。
しかし、アリバイ崩しとならざるを得ない展開はやはりだるい。
私の好みにそぐわないだけだが……。
そのあたりを倒叙としての性質を活かして、犯人側を描き、探偵の苦悩と合わせて読ませるという気遣い。
おかげで展開に関係なくさっと読めた。
犯人が自らを逃げ場のないところに追い込んだこと、これがハイライトだろう。
連載作品だったことが驚異的。

三津田信三「忌館 ホラー作家の棲む家」

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)
三津田 信三
講談社
売り上げランキング: 188647

メタな展開は面白い。
が、どこまでが現実世界のリアルなのか判別できず、終盤の虚実が錯綜していく場面はまったくついていけなかった。
でも、名前の話は面白かったな。

筒井康隆「懲戒の部屋」

懲戒の部屋―自選ホラー傑作集〈1〉 (新潮文庫)
筒井 康隆
新潮社
売り上げランキング: 77527

ホラー短編集だが、電車というテーマもあるのでは?
身震いする恐さではない。
顔面を得体の知れない虫が這っているような嫌な感じだ。
なんでもないことが一気に捩れていく展開の恐さ、かな?

我孫子武丸「たけまる文庫 怪の巻」

たけまる文庫 怪の巻 (たけまる文庫) (集英社文庫)
我孫子 武丸
集英社
売り上げランキング: 629929

なかなか。
こわーいっていうほどの恐怖を感じる話はないが(ていうか未だにホラー系の小説の恐さがわからない)、ミステリ的には傑作だと思う作品がいくつかあった。
短編でここまでひっくり返したのは「ジェミニークリケット事件」以来の出会いだった。

検索フォーム
Amazon
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR