谷川流「涼宮ハルヒの溜息」

涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)
谷川 流
角川書店
売り上げランキング: 15916

備忘録として起承転結を記しておこう。
SOS団は団長ハルヒの独断で文化祭に際して映画を撮影することになる。
スラップスティックな展開が続くのかと思いきや、彼女の能力により映画の中の現実が現実世界に侵食してくるという問題が発生。
そうなっては困る面々は彼女にどう働きかければよいのだろうか?
そしてすべては収まるべきところに収まる。
感想だが、キャラ小説としては完璧だ。
物語世界に入り込むことができれば最高にエキサイティングだろう。
少しでも俯瞰してしまえば物語として駄作に見えてしまう。
ライトノベルとはそういうものなのだろうか?
今回は彼女の性質に加え、世界観が少しだけ掘り下げられる。
この作品の立ち位置を考えると、アニメ版第一話は大傑作だったといえる。
やはりこの一連の作品群は完結後に時系列順にまとめたものを読みたい。
スポンサーサイト

歌野晶午「世界の終わり、あるいは始まり」

世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
歌野 晶午
角川書店
売り上げランキング: 84403

エキサイティングなのは二章の初めまで。
その後は展開が読めてしまう。
主人公の想像、あるいは妄想には妙なリアリティがあり、一章が終わってどうなるのだろうかと思った。
探偵小説としては一章の時点で犯人は明らかなわけだが、主人公がその事態に直面したときにどのような行動を取るのか、という点が読み所のようだ。
本格的な意外性を求める僕にはいまいちだった。

泡坂妻夫「生者と死者 名探偵ヨギ ガンジーの透視術」

生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)
泡坂 妻夫
新潮社
売り上げランキング: 411634

まず、「消える短編小説」だが、描写がぼんやりとしていて、そこかしこで違和感を覚えた。
幻想的と一言で片付けることもできなくはない。
そして長編に取りかかると、すぐにひとつの企みが炸裂する。
二人の人物の性別が逆転するのだ。
短編で名前だと思っていたものが姓だった等々の仕掛けによって。
そして千秋の透視術をメインに展開していく。
大きな謎はふたつ。
透視術のトリックと暗号解読である。
透視術のほうは性別トリックと組み合わさり、まさかの双子オチ。
明らかに無理がある。
一方、暗号はすごい。
ひとつの文字列のアナグラムで多少強引さを感じるにしても、三通りの意味を持たせている。
ということで感想だが、やはりミステリーとしては陳腐。
それでも、前作の「しあわせの書」と同様、よくやったなの一言に尽きる。

藤咲淳一「BLOOD THE LAST VAMPIRE 上海愛儚」

上海哀儚―BLOOD THE LAST VAMPIRE (角川ホラー文庫)
藤咲 淳一
角川書店
売り上げランキング: 570467

明らかに設定について説明不足。
映画かアニメの予備知識がなければ何のことだかわからない。
話自体は結構ベタな展開。
主人公は影蘭だが、ラストの小夜のためにある物語だと感じた。

森博嗣「レタス・フライ」

レタス・フライ Lettuce Fry (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 141174

文庫版初収録の「ライ麦畑で増幅して」が目当てで購入。
他は既読だが、「刀之津診療所の怪」のラストをちょっと読んだだけで震えた。
肝心の「ライ麦畑~」だが、ヒロインはあの小川さんで、椙田との出会いを描いている。
メインは、彼女の雇用主であるカリスマ経営者の急逝後の彼女の心情である。
遺言に「彼女の欲しいものをひとつ与える」という内容があった。
遺品の手帳には「午前と午後が背中合わせ。それが小川君のものだ」と謎の文言。
ミステリーとしての肝はここらしい。
この謎の答えは作中では明らかにされないが、難しい問題ではない。
実際、椙田は解読するが、彼女は理解できていない。
しかし、彼女が選んだものは正解だった。
社長はなぜあんな文を残したのか?
これが最大のミステリーかもしれない。

皆川博子「死の泉」

死の泉 (ハヤカワ文庫JA)
皆川 博子
早川書房
売り上げランキング: 20795

ギュンター・フォン・フュルステンベルグという人物が記した作品を著者が翻訳したという体裁をとっている。

非常にわかりにくいので簡単に整理してみよう。

第一部はマルガレーテの手記である。第二次大戦中のドイツ。ギュンターの子を産むためにレーベンスボルンにやってきた彼女は、産まれてくる子のために所長のクラウスの求婚を受け入れた。芸術を偏愛するクラウスは、フランツとエーリヒという二人のポーランド人少年を養子にする。エーリヒの声を愛したためだ。生まれた男の子はミヒャエルと名づけられた。マルガレーテは、過去の言動のせいで元同僚のブリギッテから、自分の出生に関わる事実のために召使いのモニカから、それぞれ脅迫される。息子であるフランツに恋をする。戦況が悪化し、混乱の中でフランツはマルガレーテのためにモニカを刺殺した。死体を処理する途中、地下道の開かないはずの扉を開いた。

第二部は、1960年のミュンヘンで、ブリギッテとクラウスの息子であるゲルトとギュンターの二つの視点で物語は進む。ゲルトは極右集団に目をつけられ、母親は姿を消した。ギュンターはクラウスから廃城を売ってくれと依頼される。ギュンターの家でミヒャエルを加えた三人で仮装行列を見ることになり、そこでフランツとエーリヒらしき人物をクラウスは認め、追いかける。ゲルトはユーデンガッセにある<刑吏の酒場>でフランツとエーリヒと出会う。

第三部はギュンターが持つ城にすべてが集結する。そこで明らかとなるのは、エーリヒはあの日すでに死んでおり、ここにいるエーリヒは実はミヒャエルであり、もう一人のミヒャエルはマルガレーテとクラウスの間の子だという事実である。さらに、<刑吏の酒場>の女主人はアリツェで彼女の姉というのはレナだった。

解説で、訳者が作者であるギュンターと会見した模様が描写され、様々な暗示がなされる。読み取った限りでは、作者ギュンターはクラウスである。マルガレーテは接合手術を受けている。たぶん他にもいろいろあるはずだ。

結局、この作品は何なのだろう?
戦争小説にメタフィクションの手法を取り入れただけなのだろうか?
感想としては、長かった。
カタルシスは十分。

平山夢明「独白するユニバーサル横メルカトル」

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
平山 夢明
光文社
売り上げランキング: 36107

「C₁₀H₁₄N₂(ニコチン)と少年――乞食と老婆」タイトルはまさかの下ネタ。条理系。何がホラーか?という問題。
「Ωの聖餐」オメガがすべてを操っていた。ある意味ハッピーエンドかも。
「無垢の祈り」救世主は殺人鬼。祈れば救われる。
「オペラントの肖像」第三次世界大戦後、その反省を踏まえ、人間は間違うという前提に立って、絶対に間違わないように論理的で良い条件反射を叩き込まれる。管理社会である。芸術はその条件付けを緩めるため禁止されており、違反者は堕術者と呼ばれ、処罰、矯正される。それを取り締まる主人公は実は堕術者であったという設定。最初は何の説明もなく進み、何のことやらわからない。
「卵男」SFでどんでん返し。
「すまじき熱帯」何の話だ?
「独白するユニバーサル横メルカトル」ユニークだが、どこがミステリーなんだ?
「怪物のような顔の女と溶けた時計のような頭の男」因果譚か?

小林泰三「家に棲むもの」

家に棲むもの (角川ホラー文庫)
小林 泰三
角川書店
売り上げランキング: 98575

「家に棲むもの」館物ホラーの様相を呈しつつ、汚物に塗れた現実的な真相が明らかとなり、狂人たちの宴に終わる。
「食性」何が罪で、何がそうでないのか? 易子の存在が最大の謎である。
「五人目の告白」さんにんめのこくはくで違和感を感じ、四人目の告白でネタは見えた。しかし、五人目の告白のオチは予想できなかった。
「肉」汁気が多い。狂気というよりは不条理系だった。
「森の中の少女」狼少女。赤頭巾か?
「魔女の家」意味がわからなかった。日記が魔法?
「お祖父ちゃんの絵」狂気。

検索フォーム
Amazon
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR