泡坂妻夫「生者と死者 名探偵ヨギ ガンジーの透視術」

生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)
泡坂 妻夫
新潮社
売り上げランキング: 411634

まず、「消える短編小説」だが、描写がぼんやりとしていて、そこかしこで違和感を覚えた。
幻想的と一言で片付けることもできなくはない。
そして長編に取りかかると、すぐにひとつの企みが炸裂する。
二人の人物の性別が逆転するのだ。
短編で名前だと思っていたものが姓だった等々の仕掛けによって。
そして千秋の透視術をメインに展開していく。
大きな謎はふたつ。
透視術のトリックと暗号解読である。
透視術のほうは性別トリックと組み合わさり、まさかの双子オチ。
明らかに無理がある。
一方、暗号はすごい。
ひとつの文字列のアナグラムで多少強引さを感じるにしても、三通りの意味を持たせている。
ということで感想だが、やはりミステリーとしては陳腐。
それでも、前作の「しあわせの書」と同様、よくやったなの一言に尽きる。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR