歌野晶午「世界の終わり、あるいは始まり」

世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
歌野 晶午
角川書店
売り上げランキング: 84403

エキサイティングなのは二章の初めまで。
その後は展開が読めてしまう。
主人公の想像、あるいは妄想には妙なリアリティがあり、一章が終わってどうなるのだろうかと思った。
探偵小説としては一章の時点で犯人は明らかなわけだが、主人公がその事態に直面したときにどのような行動を取るのか、という点が読み所のようだ。
本格的な意外性を求める僕にはいまいちだった。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR