米澤穂信「秋期限定栗きんとん事件」

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
米澤 穂信
東京創元社
売り上げランキング: 17685

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
米澤 穂信
東京創元社
売り上げランキング: 42943

前作での破局からどうなるのかと思っていたら、それぞれが別ルートをたどって再び合流した。
今回は連続放火事件。
新聞部員の瓜野は友人と共に調査を始める。
一方、小鳩は恋人の出現に始まり、冬になってようやく事件に参戦する。
どちらの視点からも小山内が犯人ではないかと示唆されるが、そこは当然レッドへリングである(四部作であることを利用して裏をかくのもありだったかもしれない)。
結局事件そのものは法則性に関する逆転の発想がメインで、犯人はああそうだろうなという感じで意外性はあまりない。
最大の謎は小山内の奇妙な言動なのだが、その謎解きは最後の一行まで引っ張られる。
毎回このクオリティを維持していることがすばらしい。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR