小泉喜美子「弁護側の証人」

弁護側の証人 (集英社文庫)
小泉 喜美子
集英社
売り上げランキング: 139361

見事にやられた。
序章から裁判後の「わたし」の一人称パートと事件の顛末が神の視点から描かれたパートが交互に綴られる。
十一章の冒頭で一度思考が停止した。
その意味を理解すると同時に勘違いに気づき世界はまさしく反転する。
序章を読み返してみると実に見事だ。
ここで先入観を植え付けられたのである。
とにかくすごいのは描写に矛盾もなければ違和感もないことだ。
事件そのものは地味だし不可能趣味はないし共犯だしで、これだけだとくそつまらないミステリーである。
ここに控訴審で判決をひっくり返そう企む「わたし」のパートを挟んでカットバック形式にすることで驚きを演出することに成功している。
ああ、叙述トリックであることを知らずに読めていたらなぁ……。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード
QR