西澤保彦「ファンタズム」

ファンタズム (講談社文庫)
西澤 保彦
講談社
売り上げランキング: 460121

これは問題作だな。
度量の狭い読者は激怒することだろう。
ちなみにわたしは比較的懐の深い人間なので楽しめた。
まず犯人が登場し、倒叙ものらしいとわかる。
読み進めていくうちに、読者に提示される謎は犯行の方法と動機だと予想されるが、動機というよりも犯行の規則性については、美に基づく意外な展開が用意されていて、ミステリとして解決される。
しかし、密室の問題は本格ミステリとしては反則的な方法でぶん投げられる。
そしてある意味きれいな結末。
つまりこれはミステリとしては異端だが、幻想ホラーとしては普通の作品なのだ。
それを終盤まで隠しているところが確信犯的ルール違反なのである。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR