北村薫「秋の花」

秋の花 (創元推理文庫)
北村 薫
東京創元社
売り上げランキング: 66258

まずは「私」のもとに届く怪文書の謎。
誰がなぜ?
少女の死。そもそも他殺の線はない。
何が起きたのか?
怪文書の不可能性。生と死。不運。罪と罰。そして、赦しあるいは救済。
事件の構図は犯人による挑戦状である。
結論はそれ以外にあり得ない。だから意外ではない。
だが同じ筋書きを凡百の小説家が描いても、ここまでまとめることはできないだろう。
推理に不要な部分が多すぎるのだ。
しかし、その部分はテーマを象徴している。
もしなかったら駄作だっただろう。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR