ジーン・ウルフ「独裁者の城塞 新しい太陽の書④」

独裁者の城塞 新しい太陽の書 4 (ハヤカワ文庫SF)
ジーン・ウルフ
早川書房
売り上げランキング: 153411

ペルリーヌ尼僧団を探して北へ向かうセヴェリアンは兵士の死体を見つけ、“調停者の鉤爪”で蘇生させる。
彼は言葉をなくしていた。
セヴェリアンは熱病に冒され、気がつくと目的のペルリーヌ尼僧団のキャンプにいた。
アスキア人と初めて会う。
パリーモン師の過去。
“鉤爪”を台座に隠し、女城主の依頼で“最後の家”に向かう。
底に住む老人は未来人だった。
セヴェリアンは時間を再認識することでこれまでの謎をいくつか解決する。
彼を連れ帰ることが依頼の内容だったが、彼は時間軸上に確率的に存在しているらしく、“最後の家”から離れるに連れて徐々に消えていった。
野営病院に戻ると、そこは壊滅していた。
非正規軍に合流し、戦争に参加する。
死にかけ、独裁者に助けられるが、飛翔機がアスキア人により撃墜され、アギアに救われ、ヴォダルスのもとへ連れていかれる。
そこで囚われの身となるが、瀕死の独裁者の脳を食し、新たな独裁者となると、予言をしていた緑人とアギアが救出に現れ、反逆者はアギアによって殺害され、彼女がそれに取って代わった。
セヴェリアンは神殿奴隷(?)から世界の真実を知らされる。
なんだかんだあって“城塞”に帰還。
話としては興味深かったが、結局どういうことなの?って感じ。
時間が?二週していて?セヴェリアンの父がオウエンで?その母がドルカス?“時の回廊”?
わからないことだらけだが、面白くはあった。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR