伊坂幸太郎「終末のフール」

終末のフール (集英社文庫)
伊坂 幸太郎
集英社
売り上げランキング: 4481

三年後に小惑星が衝突し、人類が滅亡することが決定している世界の仙台に暮らす人々の話。
「終末のフール」ずばりタイトルそのもの。人の価値。
「太陽のシール」何がシールなのかわからなかった。これはこれで洗練された文体なのだな。心の琴線に触れた。
「籠城のビール」下衆いマスコミに一石を投じる短編。一種、お約束と化してしまった予定調和。
「冬眠のガール」出会っちゃった。角がないのは素晴らしいことだ。
「鋼鉄のウール」いかなるときもストイックにできることをやるしかない。
「天体のヨール」ヨール!
「演劇のオール」ごっこが現実に。
「深海のポール」屋上の櫓はその時が来れば深海のポールになる。
しかし、あと三年なのだ。
生きることは恥ずかしい。生きててごめんなさい、だけど生き続けるよ、誰かを犠牲にしても、っていう強いメッセージ。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR