貫井徳郎「愚行録」

愚行録 (創元推理文庫)
貫井 徳郎
東京創元社
売り上げランキング: 69573

いやぁ、やられた。
たぶん本格ではないのだ。
犯人は誰か? という謎は最後に明かされるが、目的地はそこではない。
善良な被害者がどんな人物だったのか、様々な人々のときには相互に矛盾する証言によって少しずつ浮き彫りになっていくというポイントが読みどころなのだろう。
少なくともわたしはそう読んだ。
だから、犯人がわかったときもインタビュー形式を取った理由がわかったときも、予想外だったから驚愕した。
だまし討ちといったら言葉が悪いか。
最終的にフーダニットの形式に収まるので、文句は言えない。
「慟哭」「プリズム」に続く第三の衝撃というのはわからないでもない。
解説はわかりやすかった。
いやぁ、人間って汚いな。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR