石黒正数「響子と父さん」


純文学だ。
小ネタも効いていて、とにかく面白い。
展開はエキサイティング。
やっぱり基本はアホなんだな。
そこが魅力である。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR