西尾維新「零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係」

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 31888

どうやら最終巻だったらしい。
ナンバリングされているわけではないので順番は大して重要じゃないのだろうが、作者自ら最後と言っているということはそれなりの理由があるはずで、もしかしたら失敗だったかもしれない。
人識の物語ではなくて、出夢の揺らぐ自意識のお話だった。
結果、敵対関係で継続ということで、まあ、すでに未来は語られているわけだから、ある意味予定調和ではあるが、そうなるまでに何があったのかということが明らかにされたという点においては意味があったと思う。
そういえば二段組の文を読むのは久しぶりだ。
そのせいで読みづらいのかと思っていたけれど、今気づいた。
文体が三人称向きではないのだ。
「ぼく」の一人語りじゃないと成立しないようだ。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR