伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
伊坂 幸太郎
祥伝社
売り上げランキング: 1917

当然のことながらリーダビリティは抜群。
意外にもオーソドックスなミステリーだった。
それぞれが特殊な能力を持つ4人組強盗犯のクライムストーリーとして始まり、予想外の出来事による失敗、仕返しに出向いた先で殺人事件に遭遇、事件の全体像が見えたところで二転三転する騙し合い。
こうなってくると予定調和なのが却って良い。
ハードボイルドなのかもな。
人生の警句を吐きまくっているから。
スポンサーサイト



西尾維新「零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係」

零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社ノベルス)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 15174

結論から言うと、無桐伊織との関係:兄妹関係、関係継続――ということだ。
しかし、日本語は難しい。
二冊目にして、あとがきの意味を誤解していたことに気づいた。
四冊のうちどれもが最終巻たり得るのである。
作者指定の順番に読むと、伏線が機能する構造になっているのだろう。
読んでいてよくわからない箇所がそれだと思う。
今度は家族の話かな。
繁殖が趣味という物凄いキャラの登場がそれを象徴しているように思う。
家族って何?というのも人間関係の中に含まれる。
人類最強は「そんなのどうでもいいじゃん」って感じでその疑問に答えた。
要するにそういうことだ。

検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR