伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)
伊坂 幸太郎
祥伝社
売り上げランキング: 11832

この読みやすさは安心できる。伊藤計劃2連続の後だととても軽い。ラノベより軽いのでは?
準備運動みたいな第一章。伏線を活かした怒涛の展開が迫り来る第二章以降。読後は出来のいいコントを見た後のような感じ。シュールだからかな。
ここから品を取り去り、バカ騒ぎを加えると、宮藤勘九郎になる。
エンタメに徹してくれれば、こんなに面白いのに、文学的なテーマとかを出しちゃうと、うーん、となってしまう。
どっちが印象強いかといえば後者なのだが、やっぱりこの辺りは二者択一なのだろうか。
ボーナストラックはチープだったけど、安易なハッピーエンドじゃなくてよかった。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR