大森望・日下三蔵編「超弦領域」

超弦領域 年刊日本SF傑作選 (創元SF文庫)

東京創元社
売り上げランキング: 243485

法月綸太郎「ノックス・マシン」落ち着くところは普通の時間ミステリ。けれど結末へ至るまでに登場する理論が面白い。
林巧「エイミーの敗北」わからん。
樺山三英「ONE PIECES」現代をフランケンシュタインを使って説明したということでいいのかな。歴史と小説と未来も取り込んで。
小林泰三「時空争奪」気づかないうちに既読。すばらしいタイミングなのか、コストパフォーマンスを落としたのか。
津原泰水「土の枕」なんだろうな。実話に基づいていますってところはインパクトあり。その分、小説としてのテンプレートから外れている気がする。
藤野可織「胡蝶蘭」これはミステリだ。私はなぜ胡蝶蘭を持ち帰ったのか?予期しない角度からのネタばらしが秀逸。
岸本佐知子「分数アパート」ホラー、サイコ・ホラー、SF的奇想、その他もろもろ。年賀状ネタに笑った。虚構日記ということでよいのかな。
石川美南「眠り課」短歌だからかどうかは定かでないが、わからん。
最相葉月「幻の絵の先生」これも完全なるミステリだ。SF要素は星新一という固有名詞だけ。
Boichi「全てはマグロのためだった」既読。ギャグなんだよな。筋立ては壮大だけど。
倉田英之「アキバ忍法帖」バカだな。それより元ネタの山田風太郎がやばい。
堀晃「笑う闇」ミステリ。優越から生まれるのは反乱か理解か。
小川一水「青い星まで飛んでいけ」壮大な話で、わかりやすい。いまいちピンと来ないのは、私がクラークを読んだことがないからだと推測する。
円城塔「ムーンシャイン」物語の外枠は終盤で説明されたとおり単純この上ないものだ。だが彼女に関わる情報は難解極まりなく、イメージすることすらおぼつかない。数学の素養があれば楽しめるのかもしれない。
伊藤計劃「From the Nothing, With Love」訳すと“虚無より、愛をこめて”かな。一連の記述はかつてあった意識に宛てられたものだということだ。意識と時間の話は前巻(山本弘)で読んでいた。
スポンサーサイト

伊坂幸太郎「砂漠」

砂漠 (新潮文庫)
砂漠 (新潮文庫)
posted with amazlet at 11.12.11
伊坂 幸太郎
新潮社
売り上げランキング: 7326

「春」第一章あるいは第一部といった感じ。登場人物紹介と調子に乗っている馬鹿な一般人を馬鹿にする話。青春だがぱっとしない超能力があったり、謎の通り魔『プレジデント・マン』が仙台市内を跋扈していたり、まだ物語の方向性は見えてこない。
「夏」起承転結の四部構成かと思っていたら、衝撃的には“転”だった。取り返しのつかないことには生きていればしばしば遭遇する。厳密には時間は一定の速度で流れているわけだから、あらゆることは一度きりだし、認識したときにはすでに手遅れである。そんな中で衝撃の強い出来事やいろんな意味で致命的な出来事に出会ってしまったときにのみ、取り返しのつかないことをしてしまったと後悔するのである。ばかばかしいのは好きだ。どうやらこの物語の中心にいるのは西嶋と通り魔らしい。
「秋」犬の話と大学祭の話。通り魔と強盗と窃盗団と元チャンプは伏線か。東堂―西嶋ラインがどうもフラグ建設中のようだ。あと一話だから何らかの決着があるかもしれない。なくてもよいけれど。でもなぜだろう。まったく内容が頭に残っていない。
「冬」伏線は思いつく限りすべて回収されたように思う。ここら辺りが上手い小説である。しかし完全に予想外の角度から攻撃された。まさかの叙述トリックである。驚愕という意味ではそうでもなかったけれど、衝撃度はなかなかのものだったし、何よりさむけを感じた。やはり叙述を疑って読むものじゃないな。戒めておこう。しかし、文庫派の私としては読む前の情報を遮断することは経済的に不可能なので、このあたりは検討の余地がある。はずれを引く覚悟で何でも読むか、面白いと評判の作品だけを読むか。
「春」結局、絆の話だったのか。社会は糞だが、仲間は最高だ、という結論。

野崎まど「舞面真面とお面の女」

舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)
野崎 まど
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 45015

なんというか、論理展開に疑問を生じさせてはミステリとして失格だ。だが、ミステリーとしては許容範囲内。印象的だったのは主人公が抱える欺瞞と熊さんのキャラクター。最後のどんでん返しに当たる部分のぶっ飛びっぷりは前作を髣髴とさせるものが感じられなくもなく、たぶん著者の持ち味はこの辺りなのだろう。まあ、しかし、感想としては普通のラノベだった。

小林泰三「天体の回転について」

天体の回転について (ハヤカワ文庫 JA コ 3-3)
小林 泰三
早川書房
売り上げランキング: 76618

「天体の回転について」好奇心。叶わぬ恋。世界観は長編だ。妖怪とは何か、科学はなぜ忌み嫌われているのか、宇宙ツアーの目的は何か。あらゆる伏線は回収されず、知識のない主人公の幸福で世界は閉じる。
「灰色の車輪」ロボット三原則。人間に似せて作られた物は人間を超える能力を持ったとしてもその本質において人間を超えることはできない。人がすることはロボットもするのである。だから生命というフェイタルな問題について足枷をつけておく必要がある。それが三原則だ。
「あの日」メタミステリ。なぜミステリにこだわるのか?
「性交体験者」誰が犯人なのかは重要ではなく、SF的設定のほうが衝撃的。
「銀の舟」なんとなく“新しい太陽の書”を思い出した。叙述トリックも炸裂。
「三〇〇万」ディスコミュニケーションの恐怖。どちらが野蛮か。
「盗まれた昨日」ミステリ的な仕込みはいまいちだが設定は面白い。
「時空争奪」どこまでも論理的。河川争奪の例がわかりやすい。だがどうしても納得できない。どうしてか考えてみたら答えらしきものがわかった。川が最初から川として生まれると考えるからおかしいのだ。たぶん、最初は水溜りだろう。水が溢れるかふちが崩れるかして低いほうへ伸びる。それが海へ到達して初めて川となるのである。あとがきが面白かった。

古泉迦十「火蛾」

火蛾 (講談社ノベルス)
古泉 迦十
講談社
売り上げランキング: 399358

新本格の鑑みたいな小説だった。どんでん返しに多重解決、メタ視点からの謎解き。だが面白いかどうかは別の話。メフィスト賞受賞作で一般に受け入れられる内容となると、半ば予想したとおりの内容だった。しかし密室トリックには笑った。それぞれの事象の連関を推理で導くあたりが論理的。ハシシとか暗殺とか、『S.A.C』を思い出した(2nd GIG)。これは世界観に浸ってしまえばこの上なく面白い小説だと思うが、イスラム教という異世界の物語のため、説明は十分なのに、残念ながらリーダビリティは高くない。新本格以前に書かれていたら歴史に残る傑作であったことだろう。

検索フォーム
Amazon
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR