古泉迦十「火蛾」

火蛾 (講談社ノベルス)
古泉 迦十
講談社
売り上げランキング: 399358

新本格の鑑みたいな小説だった。どんでん返しに多重解決、メタ視点からの謎解き。だが面白いかどうかは別の話。メフィスト賞受賞作で一般に受け入れられる内容となると、半ば予想したとおりの内容だった。しかし密室トリックには笑った。それぞれの事象の連関を推理で導くあたりが論理的。ハシシとか暗殺とか、『S.A.C』を思い出した(2nd GIG)。これは世界観に浸ってしまえばこの上なく面白い小説だと思うが、イスラム教という異世界の物語のため、説明は十分なのに、残念ながらリーダビリティは高くない。新本格以前に書かれていたら歴史に残る傑作であったことだろう。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR