大森望・日下三蔵編「超弦領域」

超弦領域 年刊日本SF傑作選 (創元SF文庫)

東京創元社
売り上げランキング: 243485

法月綸太郎「ノックス・マシン」落ち着くところは普通の時間ミステリ。けれど結末へ至るまでに登場する理論が面白い。
林巧「エイミーの敗北」わからん。
樺山三英「ONE PIECES」現代をフランケンシュタインを使って説明したということでいいのかな。歴史と小説と未来も取り込んで。
小林泰三「時空争奪」気づかないうちに既読。すばらしいタイミングなのか、コストパフォーマンスを落としたのか。
津原泰水「土の枕」なんだろうな。実話に基づいていますってところはインパクトあり。その分、小説としてのテンプレートから外れている気がする。
藤野可織「胡蝶蘭」これはミステリだ。私はなぜ胡蝶蘭を持ち帰ったのか?予期しない角度からのネタばらしが秀逸。
岸本佐知子「分数アパート」ホラー、サイコ・ホラー、SF的奇想、その他もろもろ。年賀状ネタに笑った。虚構日記ということでよいのかな。
石川美南「眠り課」短歌だからかどうかは定かでないが、わからん。
最相葉月「幻の絵の先生」これも完全なるミステリだ。SF要素は星新一という固有名詞だけ。
Boichi「全てはマグロのためだった」既読。ギャグなんだよな。筋立ては壮大だけど。
倉田英之「アキバ忍法帖」バカだな。それより元ネタの山田風太郎がやばい。
堀晃「笑う闇」ミステリ。優越から生まれるのは反乱か理解か。
小川一水「青い星まで飛んでいけ」壮大な話で、わかりやすい。いまいちピンと来ないのは、私がクラークを読んだことがないからだと推測する。
円城塔「ムーンシャイン」物語の外枠は終盤で説明されたとおり単純この上ないものだ。だが彼女に関わる情報は難解極まりなく、イメージすることすらおぼつかない。数学の素養があれば楽しめるのかもしれない。
伊藤計劃「From the Nothing, With Love」訳すと“虚無より、愛をこめて”かな。一連の記述はかつてあった意識に宛てられたものだということだ。意識と時間の話は前巻(山本弘)で読んでいた。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR