綾辻行人「十角館の殺人」

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
綾辻 行人
講談社
売り上げランキング: 4581

高3の春に読んだ。

びっくりした。

でも、これって、コナン・ドイルって誰? という層が読んでも楽しめないのではないか?
その分、ミステリ・マニアのためのミステリとしては凄まじい破壊力を持っている。
私はにわかミステリ・マニアなのでとても楽しめた。

今読むなら断然新装版が良い。
例の一文がすごいことになっているから。
スポンサーサイト



森博嗣「森博嗣のミステリィ工作室」

森博嗣のミステリィ工作室 (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 49572

ミステリーにはまり始めた頃、私には情報源がなかった。
自宅にはインターネット回線を引いていなかったし、携帯電話すら持ってなかったし、趣味を同じくする友人もいなかった。
財布の中身は非常に限られていたので、書店でジャケ買いするようなリスクは負えなかった。
図書館は不便な場所にあったので利用するという発想がなかった。

そんな中、本書を参考に私は読書の幅を広げていった(ミステリーという非常に限られた範囲で)。

何だかんだで、古典の名作と新本格以降の傑作の多くが挙げられている。
しかし、せっかく面白そうだと思っても、当時、興味を惹かれた本が書店に置いてないことが多くて困った(今ならネットで注文すれば2日後には自宅まで届く)。

ただ、これからミステリーを深く楽しみたいと思っている、金と時間に余裕のある方は、この手のガイド本を見るのは避けたほうが良いと思う。
ミステリーというジャンルは特に読めば読むほどつまらなくなっていく傾向が強く、初めに傑作ばかり読んでしまうと、その傾向に拍車がかかってしまうから。

島田荘司「異邦の騎士」

異邦の騎士 改訂完全版
島田 荘司
講談社
売り上げランキング: 31493

最初に言っておくが、御手洗潔が探偵役を務める作品を最低でも1つは読んでから、本書を読むべきだ。
一例として「占星術殺人事件」を薦めておく。

しかし、これはたぶんミステリではない。
少なくとも私はそう思った。

あえてジャンル分けするならば、恋愛小説になると思う。

それでも、ミステリとして楽しむことができた。

占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)
島田 荘司
講談社 (2013-08-09)
売り上げランキング: 12,330

島田荘司「斜め屋敷の犯罪」

斜め屋敷の犯罪 改訂完全版 (講談社ノベルス)
島田 荘司
講談社
売り上げランキング: 262715

大爆笑した覚えがある。

すごく原始的なトリックが印象深い。

御手洗の一言の破壊力といったらもう・・・・・・。

これが気に入った方は「北の夕鶴 2/3の殺人」も楽しめると思う。

北の夕鶴2/3の殺人 (光文社文庫)
島田 荘司
光文社
売り上げランキング: 238404

島田荘司「占星術殺人事件」

占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社ノベルス)
島田 荘司
講談社
売り上げランキング: 190002

魂消た。
感想はこの一言で十分だと思う。

私は金田一少年の事件簿を読んでいなかったので、100%の驚きを得ることができた。
まだミステリ初心者だった頃に読めたことも大きい。

読み返してみて、伏線があからさまだったことにさらに驚いた。
どうしてこんな簡単なことに気づかなかったのか、と読者に思わせることが傑作の条件だと思う。
叙述トリック以外で頭が揺さぶられたのはこれが最初だった。

冒頭の手記の読みにくさは相当だが、そこを乗り越えれば、解決まですらすら読めた。
読みやすさはとても大事だ。

検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
QRコード
QR