西尾維新「ザレゴトディクショナル」


内容(「MARC」データベースより)
子供の頃から辞典を作るのが夢でした。今もまだ、夢のままです…。全460項目、15万文字書き下ろし。「戯言シリーズ」の舞台裏をある程度完全公開! 竹氏が描く4コマ漫画「戯言一番」を巻末再録。全編袋綴じ。


単純にすごい。
よくもまあここまで・・・・・・
スポンサーサイト



西尾維新「零崎曲識の人間人間」

零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 11383

内容(「BOOK」データベースより)
『零崎一賊』―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。“少女趣味”こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。一賊の結束はどうなるのか。“音使い”零崎曲識の闘いが今、始まる!新青春エンタの最前線がここにある。


こちらも正しく外伝。
サービス精神に満ち溢れている。
いろんな趣味に目覚めそうになる。

西尾維新「零崎軋識の人間ノック」

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 9724

内容(「BOOK」データベースより)
「零崎一賊」―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一族。二つの通り名を持ち、釘バット“愚神礼賛”ことシームレスバイアスの使い手、零崎軋識。次から次へと現れる“殺し名”の精鋭たち。そしてその死闘の行く末にあるものは一体!?新青春エンタの最前線がここにある。


見事な外伝だった。
結末の見えている勝負など茶番以外の何ものでもないが、それでも面白いのだからすごい。

西尾維新「零崎双識の人間試験」

零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 14789

内容(「BOOK」データベースより)
「零崎一賊」―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一族。その長兄にして切り込み隊長、“二十人目の地獄”にして奇怪な大鋏“自殺志願”の使い手、零崎双識が赴いた行方不明の弟さがしの旅は、未曾有の闘争劇の幕開けだった!息をもつかせぬ波乱の向こう側に双識を待つものは…!?新青春エンタの最前線がここにある。


戯言シリーズ外伝はひたすら家族小説。
異能バトルが前面に押し出されているがそちらは本質ではない。
家族と血縁と愛情の関係・無関係。

西尾維新「ネコソギラジカル」

ネコソギラジカル(上) 十三階段 (講談社文庫)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 24521

内容(「BOOK」データベースより)
全ての終わりは―まだ始まったばかりだ。“世界”を、そして“物語”を終わらせるため人類最悪・狐面の男と十三階段が動きだす。狐面の男に「俺の敵」と認定された戯言遣い・いーちゃんの運命は?「戯言シリーズ」最終楽章、『ネコソギラジカル』三部作の前奏曲。


ここでようやく全体像が掴めた。

ネコソギラジカル(中) 赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 36885

内容(「BOOK」データベースより)
10月、戯言遣い・いーちゃん、狐面の男、双方共に犠牲を出しながらもどうしようもない戦いが続く。十三階段を切り崩すべく行動する戯言遣い。しかし、澪標姉妹の襲撃で絶体絶命の危機に。


物語を展開させつつ、これまでの伏線を回収していき、


内容(「BOOK」データベースより)
「多分…それで、おしまいですから」。世界を救うため“人類最悪の遊び人”狐面の男と対決する決意をした“戯言遣い”いーちゃん。復活した哀川潤とともに決戦の場に向かう。最悪対最弱、最終対最強の戦いの結末は。「戯言シリーズ」ここに完結。


大団円を迎えた。

それで、「いーちゃん」の本名は何なのだろう?

西尾維新「ヒトクイマジカル」

ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫)
西尾 維新
講談社 (2008-12-12)
売り上げランキング: 17190

内容(「BOOK」データベースより)
生命を礼賛する行為には驚くほどに価値がない、生はどこまでも儚く朧で、死はどこまでも切なく幻だ。そしてそれはただそれだけのものでありそれだけのものでしかなく、むしろそこにそれ以上の価値を見出そうとすることこそが冒涜だ。生きること、そして死ぬこと、その両者の意味を誰よりも理解し、そしてその意味に殉ずることに一切の躊躇がない誠実な正直者、つまりこのぼくは、八月、縁故あって奇妙なアルバイトに身を窶すことと相成った。それは普通のアルバイトであって、ぼくとしては決して人外魔境に足を踏み入れたつもりはなかったのだけれど、しかしそんなぼくの不注意についてまるで情状酌量してはくれず、運命は残酷に時を刻んでいく。いや、刻まれたのは時などという曖昧模糊、茫洋とした概念ではなく、ぼくの肉体そのものだったのかもしれない。あるいは、そう、ぼくの心そのものか―戯言シリーズ第五弾。


ここまで作風がぶれているように見えたのはこのための伏線だった。
本当にすばらしい。
全然関係ないけど、小林泰三の短編を連想した。何でだろう?

西尾維新「サイコロジカル」

サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 8595

内容(「BOOK」データベースより)
およそ論理立てて物事を考えるほど無意味なことはない。所詮論理など人の考えたものであり、そして世界は人の手には余りすぎる。博愛を自らの義務と課し、自由を何よりも重んじる、周囲に調和をこの上なく提供する誠実な正直者、つまりこのぼくは、七月、囚われの壊し屋を救う旅に連れられた。パーティのメンバーは玖渚友と鈴無音々。向かう先は悪の要塞―要するには『堕落三昧』斜道卿壱郎博士の研究施設。この冒険の登場人物は誰もが際限なく矛盾していて、誰もが際限なく破綻していて、そして誰もが際限なく崩壊していて、はっきり言って壊れている。それはひょっとしたら壊されただけなのかもしれないが、しかし戯言遣いのこのぼくに限って言えば、わざわざ壊してくれるまでもない。だってぼくは最初から、ほら、こんなにも見事に壊れてしまっているゆえに―。戯言シリーズ第四弾。


雰囲気はミステリだ。
古今東西の名探偵ものめいた感じがよい。
お約束というのはこういうことだ。
もっと短かったらもっとよかった。

サイコロジカル 下 (講談社文庫 に 32-5 西尾維新文庫)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 9068

西尾維新「クビツリハイスクール」

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 3622

出版社/著者からの内容紹介
講談社ノベルス創刊20周年記念密室本
メフィスト賞作家特別書き下ろし作品

新青春エンタ〈戯言(ざれごと)シリーズ〉!
首吊学園に殺戮の嵐!

「紫木一姫(ゆかりきいちひめ)って生徒を学園から救い出すのが、今回のあたしのお仕事」
「救い出すって……まるで学園がその娘を拘禁してるみたいな言い方ですね」
人類最強の請負人、哀川潤から舞い込んだ奇妙な依頼に従って私立澄百合(すみゆり)学園、またの名を《首吊高校(クビツリハイスクール)》に潜入した「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”は恐るべき殺戮の嵐に巻き込まれる――。
新青春エンタの真打ち、〈戯言シリーズ〉。維新を読まずに何を読む!


もう完全にはみ出しちゃった。
「クビキリサイクル」の衝撃を期待して読むと肩透かしを食らう。
が、こういうものだと思って読めば十分に楽しめる。
後の作品を見ても、こちら側の方が得意らしい。

西尾維新「クビシメロマンチスト」

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 4091

内容(「BOOK」データベースより)
人を愛することは容易いが、人を愛し続けることは難しい。人を殺すことは容易くとも、人を殺し続けることが難しいように。生来の性質としか言えないだろう、どのような状況であれ真実から目を逸らすことができず、ついに欺瞞なる概念を知ることなくこの歳まで生きてきてしまった誠実な正直者、つまりこのぼくは、五月、零崎人識という名前の殺人鬼と遭遇することになった。それは唐突な出会いであり、また必然的な出会いでもあった。そいつは刃物のような意志であり、刃物のような力学であり、そして刃物のような戯言だった。その一方で、ぼくは大学のクラスメイトとちょっとした交流をすることになるのだが、まあそれについてはなんというのだろう、どこから話していいものかわからない。ほら、やっぱり、人として嘘をつくわけにはいかないし―戯言シリーズ第二弾。


私は自己欺瞞が暴かれる物語が好きみたいだ。
心臓がぎゅっとなる。
色々と規格外だが、まだ謎解きが中心にある。
ところで、あの暗号の意味がいまだにわからないのだが・・・・・・。

虚淵玄「Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話」

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)
虚淵 玄
講談社
売り上げランキング: 300

アニメが放送されたので平行して読んでみた。
面白い。
概ね原作どおりで、文庫版4巻の中頃まで進み、さあこれからというところでアニメは終わった。4月から再開するらしい。
キャスター戦の顛末まで読んだけれど、アニメの続きが楽しみだ。
予習しておくべきか、予想外の展開を楽しむべきか、悩ましい。

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
アニプレックス (2012-03-07)
売り上げランキング: 10

検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR