DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー1・2

ATLUS BEST COLLECTION DIGITAL DEVIL SAGA ~アバタール・チューナー~
DIGITAL DEVIL SAGA ~アバタール・チューナー~

去年の今頃、はまっていた。
P3をクリアして次は何をやろうかと考えていたとき、ブックオフで500円だったのを見つけて買った。

戦隊ヒーローみたい。仲間は5人で、変身して戦うから。
戦闘システムは「真・女神転生Ⅲ」と同じ。プレスターンバトルという独特なもの。
簡単に説明すると、敵の弱点を突けばこちらの行動が一回増え、逆に弱点を突かれたら敵の行動が一回増える仕組み。
油断していると雑魚が相手でも簡単に全滅してしまうため、非常にスリリングだ。
ボス戦ではスキルを適切に装備しておかないと一方的にやられたりもする。
そのスキル習得にかなりの自由度があるので、計画的に進めないとボスの手前で無駄なレベル上げをする羽目になる。
気が短い人は攻略本を見ることをおすすめする。
ストーリー的には1は途中で終わるので消化不良。続きが気になるということでもある。
プレイ時間は1周30時間位。スキルを引き継げるので2周目以降はさくさく進む。
RPG史上最強の呼び声もある隠しボスもいる。
データを2に引き継ぐことができ、1での選択が2に影響を与えるところもある。

ATLUS BEST COLLECTION DIGITAL DEVIL SAGA ~アバタール・チューナー2~
DIGITAL DEVIL SAGA ~アバタール・チューナー2~

そして2だが、こちらはゲームショップを探し歩いて、1500円で買った。
1の謎が次々と明らかになるのだが、それはそれとして、とにかくラストダンジョンへ突入するまでの展開が凄まじい。
感動なのか衝撃なのか絶望なのか、そんな複雑な感情に包まれる。
システムは1と大体同じ。とにかく金欠。
こちらの隠しボスは条件が厳しいのでまだ挑戦していない。

小説は本棚で待機中。
クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅠ (ハヤカワ文庫JA)
クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅠ (ハヤカワ文庫JA)
クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅡ (ハヤカワ文庫JA)
クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅡ (ハヤカワ文庫JA)
クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅢ (ハヤカワ文庫JA)
クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅢ (ハヤカワ文庫JA)
アバタールチューナーⅣ (クォンタムデビルサーガ)
アバタールチューナーⅣ (クォンタムデビルサーガ)
アバタールチューナーⅤ (クォンタムデビルサーガ)
アバタールチューナーⅤ (クォンタムデビルサーガ)
スポンサーサイト



連作短編+大仕掛け

それぞれの短編が最後に結びつき意外な真相が明らかになる、という小説をいくつか紹介しようと思う。

亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)
亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)

亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫)
亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫)

亜愛一郎の逃亡 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
亜愛一郎の逃亡 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
この三冊を続けて読むと、最終話で「真相」というのとはちょっと違うけれど、予想外の事実が明らかになる。でも、やっぱり短編それぞれの完成度のほうが世間的に評価が高いし、私もそう思う。だから、アレはおまけということだ。

奇術探偵曾我佳城全集 秘の巻 (講談社文庫)
奇術探偵曾我佳城全集 秘の巻 (講談社文庫)

奇術探偵 曾我佳城全集 戯の巻 (講談社文庫)
奇術探偵 曾我佳城全集 戯の巻 (講談社文庫)
こちらは最終的に“意外な犯人”の一類型が示されるのだが、全ての短編がつながっているというわけではないので、少し弱いかも。伏線は見事。

死神の精度 (文春文庫)
死神の精度 (文春文庫)
真相というよりは、全体の構図といったほうが正確だ。衝撃よりは感動が近い。

砂漠 (新潮文庫)
砂漠 (新潮文庫)
長編だけれど、それぞれの章がお話として完結しているので連作短編集と言えなくもない。青春小説としてとても面白いし、どう読んでも本格ミステリ的な要素はほぼ皆無なのだけれど、素直に読んでいたら終盤でひとつの勘違いに気づき、世界というか言葉の意味というか、そういうものが反転するような驚きを覚える。

十二人の手紙 (中公文庫)
十二人の手紙 (中公文庫)
「死神の精度」と似ている。こちらが先だけれど。短編が相互に関連しているというよりは、最後に一まとめにしたって感じかな。

密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)
密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)
ここまでラジカルではないにしても、似たような話はしばしば聞くところで、そういう意味では非現実的に見えても現実的なのかもしれない。

GOTH 夜の章 (角川文庫)
GOTH 夜の章 (角川文庫)

GOTH 僕の章 (角川文庫)
GOTH 僕の章 (角川文庫)
事件ではなくてヒロインのアイデンティティに関する驚きの真相。

首断ち六地蔵 (光文社文庫)
首断ち六地蔵 (光文社文庫)
色々過剰な気がする。超絶技巧とはきっとこういうことなのだろう。

ななつのこ (創元推理文庫)
ななつのこ (創元推理文庫)
日常の謎。ゆるいのもありだ。

霧舎巧傑作短編集 (講談社文庫)
霧舎巧傑作短編集 (講談社文庫)
先に開かずの扉研究会シリーズを読んでおく必要があるが、読んでなくても一部は楽しめる。あと、御手洗シリーズもいくつか読んでおくべきだ。

新本格もどき (光文社文庫)
新本格もどき (光文社文庫)
パスティーシュとしての出来が良いので、連作の処理についてはおまけくらいに思っていたほうが楽しめるだろう。

日曜の夜は出たくない (創元推理文庫―現代日本推理小説)
日曜の夜は出たくない (創元推理文庫―現代日本推理小説)
最終的に盛りだくさんな感じが残る。伏線回収の間は呆然としていた。

OZの迷宮 (光文社文庫)
OZの迷宮 (光文社文庫)
それほど複雑ではないのだが、なぜか理解しづらかった。

逆説的―十三人の申し分なき重罪人 (双葉文庫 と 15-1)
逆説的―十三人の申し分なき重罪人 (双葉文庫 と 15-1)
解説を読むと大傑作のような気がするのだが、実際に読んでもそうは思えない。なぜだろう?

解体諸因 (講談社文庫)
解体諸因 (講談社文庫)
これぞまさに超絶技巧!

13人目の探偵士 (講談社文庫)
13人目の探偵士 (講談社文庫)
これも短編集ではないが、最後の処理が印象深い。

ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)
ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)
結構あからさまな伏線で、違和感を持っても、きっと真相は見通せない。

検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR