岡嶋二人「クラインの壺」

クラインの壷 (講談社文庫)
岡嶋 二人
講談社
売り上げランキング: 85712

内容(「BOOK」データベースより)
200万円でゲームブックの原作を、謎の企業イプシロン・プロジェクトに売却した上杉彰彦。その原作をもとにしたヴァーチャルリアリティ・システム『クライン2』の制作に関わることに。美少女・梨紗と、ゲーマーとして仮想現実の世界に入り込む。不世出のミステリー作家・岡嶋二人の最終作かつ超名作。


高3のときに読んだ。
ジャンルはSFだけれど、あまりぶっ飛んだ設定ではなくて、現実でありそうな世界観である。
エンタメ的なものに免疫がほぼなかったので、読後しばらく中てられていた。
読み手によってはそのくらいの衝撃がある。
一定の読書経験を積むとわかるが、この作品に限らず、アイディアは傑作の必要条件ではなくて、必要なのは様式的なものであり、物語論的な、知ってさえいれば誰でも真似できるような条件が一つ一つ満たされていればそれだけで面白いのである。
独創的なアイディアはおまけである。
スポンサーサイト



翻訳調が大嫌いな私が読んだ海外小説

私は外国人が書いた小説が苦手だ。
内容云々以前に翻訳文特有の文体のせいで何が書いてあるのか理解しづらいからだ。
特別難しい言葉が使われているわけでもないのに、文章の意味は何らかの超自然現象が発生しているかのように伝わってこない。
同じ日本語を使っているように見えて、実は異なる文法で書かれているに違いない。
苦手なものは嫌いだ。
そんな私が読んだ海外小説を紹介するので、食わず嫌いの方の参考になれば幸いである。



シンデレラの罠【新訳版】 (創元推理文庫)
セバスチャン・ジャプリゾ
東京創元社
売り上げランキング: 14197

内容説明
語り手である私は20歳。その私は、探偵であり、証人であり、被害者であり、しかも犯人である?! 空前のトリックで伝説的傑作の新訳。


まず、悪い意味で衝撃を受けた作品から。
説明文に惹かれて読み始めたのだが、一体何が起きているのか全く頭に入ってこなかった。
比較的読みやすい一人称なのにもかかわらず。読み終えても空前のトリックがどんなものだったのか理解できず、読み返す気力すら奪われた。
そんな翻訳文の魔力を味わいたい方にはぜひ一読をお薦めする。
もしかしたら新訳版ではその辺りの問題が解消されているかもしれない。



災厄の紳士 (創元推理文庫)
D・M・ディヴァイン
東京創元社
売り上げランキング: 164443

内容(「BOOK」データベースより)
根っからの怠け者で、現在ではジゴロ稼業で糊口を凌いでいるネヴィル・リチャードソンは、一攫千金の儲け話に乗り、婚約者に捨てられた美人令嬢のアルマに近づく。気の強いアルマにネヴィルは手を焼くが、計画を仕切る“共犯者”の指示により、着実にアルマを籠絡していく。しかしその先には思わぬ災厄が待ち受けていた…。名手が策を巡らす、精巧かつ大胆な本格ミステリの快作。


対照的にこちらは恐ろしく読みやすい。逆に何か勘違いしているのではないかと疑ってしまうくらい。
そして不思議なことに、読みやすい小説は例外なく面白いのだ。



冷血 (新潮文庫)
冷血 (新潮文庫)
posted with amazlet at 12.01.16
トルーマン カポーティ
新潮社
売り上げランキング: 10559

内容(「BOOK」データベースより)
カンザス州の片田舎で起きた一家4人惨殺事件。被害者は皆ロープで縛られ、至近距離から散弾銃で射殺されていた。このあまりにも惨い犯行に、著者は5年余りの歳月を費やして綿密な取材を遂行。そして犯人2名が絞首刑に処せられるまでを見届けた。捜査の手法、犯罪者の心理、死刑制度の是非、そして取材者のモラル―。様々な物議をかもした、衝撃のノンフィクション・ノヴェル。


同上。
ところで、簡単な集合論の問題がある。
読みやすければ面白いのだが、面白いものがすべて読みやすいとは限らない。
金と時間の限られている身としては難しいところだ。



火刑法廷[新訳版] (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ジョン・ディクスン・カー
早川書房
売り上げランキング: 180981

内容(「BOOK」データベースより)
広大な敷地を所有するデスパード家の当主が急死。その夜、当主の寝室で目撃されたのは古風な衣装をまとった婦人の姿だった。その婦人は壁を通り抜けて消えてしまう…伯父の死に毒殺の疑いを持ったマークは、友人の手を借りて埋葬された遺体の発掘を試みる。だが、密閉された地下の霊廟から遺体は跡形もなく消え失せていたのだ!消える人形、死体消失、毒殺魔の伝説。無気味な雰囲気を孕んで展開するミステリの一級品。


ということで、読みづらいけど面白い作品。
こういう作品を手に取るには、立ち読みでは不十分で、世間の評価が重要だ。
私が読んだのは旧訳版なので、新訳版はどうなっているか知らない。



面倒になってきたので、面白かった小説を羅列する。

黒後家蜘蛛の会 1 (創元推理文庫 167-1)
アイザック・アシモフ
東京創元社
売り上げランキング: 75725

拷問者の影(新装版 新しい太陽の書1) (ハヤカワ文庫SF)
ジーン・ウルフ
早川書房
売り上げランキング: 412231

調停者の鉤爪(新装版 新しい太陽の書2) (ハヤカワ文庫SF)
ジーン・ウルフ
早川書房
売り上げランキング: 203794


独裁者の城塞 新しい太陽の書 4 (ハヤカワ文庫SF)
ジーン・ウルフ
早川書房
売り上げランキング: 186631

ブラック・ダリア (文春文庫)
ジェイムズ エルロイ
文藝春秋
売り上げランキング: 65259

Xの悲劇 (創元推理文庫)
エラリー・クイーン
東京創元社
売り上げランキング: 23207

Yの悲劇 (創元推理文庫 104-2)
エラリー・クイーン
東京創元社
売り上げランキング: 45498

Zの悲劇 (創元推理文庫)
エラリー・クイーン
東京創元社
売り上げランキング: 299972

レーン最後の事件 (創元推理文庫 104-4)
エラリー・クイーン
東京創元社
売り上げランキング: 179059

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ クリスティー
早川書房
売り上げランキング: 16621

ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)
サリンジャー
新潮社
売り上げランキング: 10834

うまい犯罪、しゃれた殺人 〈クラシック・セレクション〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ヘンリイ・スレッサー
早川書房
売り上げランキング: 201115

あなたに似た人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 22-1))
ロアルド・ダール
早川書房
売り上げランキング: 14918

ホッグ連続殺人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ウィリアム・L. デアンドリア
早川書房
売り上げランキング: 54008

クリスマス・プレゼント (文春文庫)
ジェフリー ディーヴァー
文藝春秋
売り上げランキング: 15731

歯と爪【新版】 (創元推理文庫)
ビル・S・バリンジャー
東京創元社
売り上げランキング: 458461

殺人小説家 (講談社文庫)
デイヴィッド ハンドラー
講談社
売り上げランキング: 407048

招かれざる客たちのビュッフェ (創元推理文庫)
クリスチアナ・ブランド
東京創元社
売り上げランキング: 252063

〈プラチナファンタジイ〉 奇術師 (ハヤカワ文庫 FT)
クリストファー・プリースト
早川書房
売り上げランキング: 164399

星を継ぐもの (創元SF文庫)
ジェイムズ・P・ホーガン
東京創元社
売り上げランキング: 499

さむけ (ハヤカワ・ミステリ文庫 8-4)
ロス・マクドナルド
早川書房
売り上げランキング: 24930

偽のデュー警部 (ハヤカワ・ミステリ文庫 91-1)
ピーター・ラヴゼイ
早川書房
売り上げランキング: 40466



海外の作品を選ぶ際には、もしかしたら、訳者の名前を頼りにするべきなのかもしれない。


ミステリ・ハンドブック (ハヤカワ・ミステリ文庫)

早川書房
売り上げランキング: 126211

海外ミステリ名作100選―ポオからP・Dジェイムズまで
H.R.F. キーティング
早川書房
売り上げランキング: 232064

検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR