二階堂黎人編「密室殺人大百科(下)」

密室殺人大百科〈下〉 (講談社文庫)

講談社
売り上げランキング: 780073

内容(「BOOK」データベースより)
優れた着想によって構築された密室殺人こそが、推理小説ファンの渇望を癒せる奇跡の泉なのである―。これらを読まずに「密室殺人」のなぞ解きは語れない。愛川晶、霞流一、斎藤肇ら本格ミステリーの名手たちが、あっと言わせるなぞ解きのテクニックを披露する。地上最高のゲーム「密室」の魅力が全開。


ということで、足掛け3か月でようやく読了。

愛川晶「死への密室」小川に引っ張られて謎解きの方向を誤った。川を利用したトリックを延々考えていたので正解から離れる一方。それにしても読者への挑戦は無理がありはしないか? あの時点で全てわかるのはエスパーだろう。

歌野晶午「夏の雪、冬のサンバ」一つ目のトリックがあまりにもあからさまだったのでそこで思考停止してしまった。もう一つの方はなかなか。元ネタがわからないのでいまいち楽しめなかった。

加賀美雅之「縛り首の塔の館――シャルル・ベルトランの事件簿」二つの大きなトリックが仕掛けられていた。一つはどこかで見たことがある感じで自明。これで犯人の見当はついたのだが、もう一つがなかなかすごかった。謎が超自然的過ぎてミスリードされなかった点が残念。

霞流一「らくだ殺人事件」密室トリックは大掛かりだったが、ここまでリアリティがないともうミステリじゃないような気がする。あと、なぜか状況がわかりにくい。

斎藤肇「答えのない密室」HOW?に関しては解答を待つまでもなく容易に思いつく。だがWHY?となると答えが決められない。素直に読めば逆転の発想に驚けるのかもしれないが、あいにく捻くれてしまっているので驚愕を味わえなかった。

柄刀一「時の結ぶ密室」トリックはいかにも本格といった感じで印象は良い。その分リアリティは薄いが。犯人がいないじゃん、と思っていたら真相はアンフェアだった。ま、トリックの解明に重点が置かれているのでこれでいいのだろう。

西澤保彦「チープ・トリック」面白かった。キャラ萌えなのかな。勘の良い読者にとって、これは倒叙になるのではないか。少なくとも私はそう読んだ。しかしそれだと不可能趣味が薄れる。でもミステリーってそんなもんか。

小森健太郎「密室講義の系譜」流し読み。気力が続かない。

横井司「日本の密室ミステリ案内」流し読み。読む本がなくなったら参考にしよう。

狩久「虎よ、虎よ、爛爛と――101番目の密室」冒頭から凄まじい文章に読む気をそがれたが、物語が進むに連れてまともになっていった。ミステリ的には、単純な大枠の中にややこしい一発ネタがあるせいで爽快感に乏しいけれども、本格度はかなり高いと思う。

エドワード・D・ホック「ブリキの鵞鳥の問題」それでいいのかと問いたくなる密室トリック。舞台設定は面白い。そして翻訳特有の文体。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR