法月綸太郎「二の悲劇」

二の悲劇 (ノン・ポシェット)
法月 綸太郎
祥伝社
売り上げランキング: 256636

内容(「BOOK」データベースより)
都内のマンションでOL殺される。死者の胃から現われたメッセージ。小さな鍵が秘めた謎とは!?探偵法月綸太郎が出馬した矢先、容疑者は京都で死体となって発見、そして鍵の正体が明らかになるにつれ、名探偵を翻弄する迷宮の扉が開いた…。


読む順番を間違えたな。やはり発表順に「ふたたび赤い悪夢」を先に読むべきだった。
さて、近頃口癖のようになってしまったが、これもまた長い。
まず序盤から意図の読めない二人称の文体に読む気をそがれた。続いてよくわからない探偵の苦悩が語られ、そしてあの日記だ。いくらなんでも長すぎるだろう。長いからには面白くなければならないのに面白くないのだ。
個人的なハイライトは第4部の終わり、ある事実が明かされた場面だ。世界は反転したのに、事件は解決どころかさらに混迷の度合いを深めるという珍しい構成。謎の解明までそれ以上の驚きを得られなかったことが残念。
などと書いていると文句しか浮かんでこないのだが、これがどうしたことか、結局面白かったのだから不思議だ。
祥伝社文庫の初版で読んだのだが、異常なまでに読みづらかった。文字が小さく詰め込まれているせいだ。いつまでたってもページをめくれないので話が停滞するような感覚に付きまとわれる。古い本はほとんど読まないので、久々の感覚で余計に気持ち悪かった。大きな文字で読めていたらもっと面白かったに違いない。
しかし吉本ばぎなってもはや悪意を感じるネーミングだな。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR