赤川次郎「マリオネットの罠」

マリオネットの罠 (文春文庫)
赤川 次郎
文藝春秋
売り上げランキング: 86054

内容(「BOOK」データベースより)
“私の事を、父は「ガラスの人形」だと呼んでいた。脆い、脆い、透き通ったガラスの人形だと。その通りかもしれない”…森の館に幽閉された美少女と、大都会の空白に起こる連続殺人事件の関係は?錯綜する人間の欲望と、息もつかせぬストーリー展開で、日本ミステリ史上に燦然と輝く赤川次郎の処女長篇。


これだけ読みやすいと内容なんてどうでもいいような気がしてくる。とても30年以上前に書かれたとは思えない。
最初、視点が急に変わることに違和感を覚えたが、神の視点だとわかってからは気にならなくなった。
しかしそうなるとミステリ的な疑問がわく。アンフェアじゃないか?
でも伏線は張ってあったわけだし、論理的な推理は望めないにしても、真相は十分に予想できたはずだ。
したがって典型的な叙述トリックだったということになる。
だがそれにしては衝撃が物足りない。
新しいミステリに毒されすぎだろうか。
被害者視点のそれらしいドラマが語られるせいでごちゃごちゃした印象が残るが、筋立て自体は至ってシンプルで楽しめた。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR