川上稔「境界線上のホライゾンⅠ〈下〉」

境界線上のホライゾン1〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
川上 稔
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 20263

内容(「BOOK」データベースより)
世界の運命を巡り、各国の“教導院”が動き出した。敵は世界列強。八大竜王。さらに巻き起こる武蔵内の内紛。しかし、様々な人々の思惑と決意をよそに、バカはいつでもここにいる。「―俺のせいで奪われたオマエの全てを、俺が取り戻してやる!!」“自害”のタイムリミットが刻一刻と迫るなか、果たして、トーリはホライゾンを救うことができるのか!?そして、武蔵の運命はどこへ向かっていくのか!?GENESISシリーズ『境界線上のホライゾン』第一話、完結。


そして下巻だが、面白かった。
基本、王道なんだよな。
セカイ系でボーイミーツガール。
しかも登場人物の多くに見せ場があって楽しめた。
特に武蔵さんがかっこいい。
結局、末世が何なのかわからなかったけど。
公主隠し、二境紋、大罪武装と末世の関係が気になる。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR