2012年に読んだ本ランキング

大晦日なので一応順番を付けておく。
改めて見るとかなり偏っているな。
去年より多く読めたことは良かった。

1.森博嗣「ジグβは神ですか」
 期待通りの出来だった。

2.西尾維新「憑物語」
 こよこよ!!

3.五代ゆう「クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅠ~Ⅴ」
 読み応えのある大作だった。

4.米澤穂信「ふたりの距離の概算」
 日常の謎、しかも心理的な謎で、苦手なはずなのに面白く読めた。

5.円居挽「丸太町ルヴォワール」
 やり過ぎなところが素晴らしい。

6.伊藤計劃「The Indifference Engine」
 「屍者の帝国」を読むしかない

7.川上稔「境界線上のホライゾンⅠ〈上〉〈下〉」
 不思議な魅力。

8.有栖川有栖「女王国の城」
 本格らしくて良い。

9.東野圭吾「聖女の救済」
 「容疑者Xの献身」が面白すぎたのだ。

10.牧薩次「完全恋愛」
 シンプルで読みやすくて面白かった。

11.三津田信三「密室の如き籠るもの」
 短編だと少し物足りない。

12.貴志祐介「新世界より 上・中・下」
 長さが残念。

13.歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」
 これも前作の衝撃が強すぎた。

14.奈須きのこ「空の境界 未来福音」
 ボーナストラックとして楽しめた。

15.法月綸太郎「ふたたび赤い悪夢」
 三部作の完結編として読むべきだった。

16.東野圭吾「ガリレオの苦悩」
 地味だがやっぱり短編のほうがガリレオっぽい。

17.赤川次郎「マリオネットの罠」
 高校生の頃に読んでいたらはまっていただろう。

18.三津田信三「スラッシャー 庭園の殺人」
 ミステリ部分しか楽しめなかった。

19.田代裕彦「シナオシ」
 前作ありきな感じがするが、騙された。

20.有栖川有栖「新装版 46番目の密室」
 古典的なトリックは良かったが、なぜか面白くない。

21.鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
 こういう大法螺感は好きだ。

22.北森鴻「凶笑面」
 ミステリはおまけだと捉えれば悪くない。

23.二階堂黎人編「密室殺人大百科(上)〈下〉」
 謎解きを楽しめた。

24.石田衣良「ドラゴン・ティアーズ 龍涙」
 疾走感がなくなり、初期とは別物になってしまった。

25.田代裕彦「キリサキ」
 「シナオシ」へのネタ振り。

26.北森鴻「触身仏」
 悪くはない。

27.法月綸太郎「二の悲劇」
 絶望的なまでの読みづらささえなければ楽しめたであろう。
スポンサーサイト

円居挽「丸太町ルヴォワール」

丸太町ルヴォワール (講談社文庫)
円居 挽
講談社 (2012-09-14)
売り上げランキング: 130084

内容(「BOOK」データベースより)
祖父殺しの嫌疑をかけられた御曹司、城坂論語。彼は事件当日、屋敷にルージュと名乗る謎の女がいたと証言するが、その痕跡はすべて消え失せていた。そして開かれたのが古より京都で行われてきた私的裁判、双龍会。艶やかな衣装と滑らかな答弁が、論語の真の目的と彼女の正体を徐々に浮かび上がらせていく。「ミステリが読みたい!」新人賞国内部門第2位、「このミステリーがすごい!」国内部門第11位。


なかなかすごかった。
何もかもが過剰な感じが良い。
冒頭からトリックが透けて見えたので、これを最後まで引っ張るつもりなのかと不安を覚えたのだが、そんな心配は杞憂に終わって、それどころか畳み掛けるように繰り出されるどんでん返しの波状攻撃を食らうことになり、結果的に満足だ。
ただやっぱり世界が反転する驚きが得られない。
これはもうこちらの問題だと結論してもいいのではないか。
常に叙述トリックを期待しているため、いざそれが炸裂した時に、「そういうこともあるよね」ぐらいの感想しか抱けなくなってしまっている。
トリック一般についてもしかり。
そんな中で最もというか唯一驚くことができるのはトリックを見破ったときだ。
探偵役の解説を待たず、拾い集めた違和感が隠された真相を象ったときの「まさか!」という感覚。
まとめると、騙される悦びが得られなくなって、閃きによる快感だけが残ったということだ。
先は暗いな。

田代裕彦「シナオシ」

シナオシ (富士見ミステリー文庫)
田代 裕彦
富士見書房
売り上げランキング: 442222

内容(「BOOK」データベースより)
私はかつて「僕」だった。犯すべきでない罪を犯した。そうして、その短い人生を終えたのだ。生前に犯した罪を後悔していた「僕」は、別人として生き返り、再びこの世界に舞い戻る。けれど、私は私として生活するうちに、「僕」だった頃の記憶のほとんどを失っていた。“案内人”と名乗るそいつが、私の目の前に現れるまで。「やあ。久しぶりだね」かつて犯した犯罪を阻止すること。その為に時を遡り為直す者―“シナオシ”となったこと。私は、私の真の目的を思い出す。こうして再び“シナオシ”となった私は「僕」がこれから犯すであろう罪を阻止する為に動き出す。過去、現在、未来。交錯する時間の流れの中で、私は真実の自分を追う。全てをもう一度、為直しする為に。残された時間は、あと僅か―。衝撃のタイムパラドクス・サスペンス。


「キリサキ」と続けて読んでみたが、あとがきで著者が書いているように、続編ではなくむしろ番外編とでも言うべき物語だった。
こっちのほうがやられた感は強い。
ご都合主義的な部分が気になるが、とりあえず辻褄は合っているわけで、そんな中予想外の結末だったことは確かだ。
ただやはり世界が反転する驚きはなかった。
今度の名前にはびっくりしたが、これは完全にこちらの不注意だった。
普段から名前に対する関心が薄いのでこういうのにまんまと引っかかるのだ。

田代裕彦「キリサキ」

キリサキ (富士見ミステリー文庫)
田代 裕彦
富士見書房
売り上げランキング: 437242

内容(「BOOK」データベースより)
姉さんより大切なモノなんて何一つなかった。ずっと一緒に。それ以上、何も望まなかった。けれど、姉さんはいなくなった。あの日、あの瞬間、始まったのだ。―すべてが。僕は、死んでいた。最期の瞬間は覚えていないが、気付いたそこにはいわゆる三途の河原、ってやつだ。「君のようなものに進むべき道を示唆する案内人だよ」目の前に現れた、死神のような案内人。まだやり残したことがあることがあると言う俺に、案内人は新たな身体を与える。霧崎いづみ、という女の身体を。新しい生活。新しい身体。霧崎いづみとして生活する俺に、ある日、転機が訪れた。クラスメイトの死。犯人は、世間を騒がす連続殺人犯“キリサキ”だと言う。―なぜだ。なぜ今“キリサキ”が現れる?そいつはこの世に存在するはずがない。なぜなら“キリサキ”は…。俺は“キリサキ”を追うが―。戦慄のサイキック・サスペンス。


最初は面白かった。
ところがある程度情報が出揃ってくると、考えうる可能性(というか組み合わせ)が頭の中でちらつきだし、物語に集中できなくなり、最終的に真相の意外性を奪った。
結局あまり大きくない数の組み合わせの問題だからだ。
たぶん相性が悪かったのだろう。
叙述トリックにまんまと引っかかったわけだが、やられた感がまったくない。
フィニッシングストロークにしてもそれで何かが変わるとは思えない。
読解力が足りないのだろうか?

歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」

密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)
歌野 晶午
講談社 (2012-07-13)
売り上げランキング: 110456

内容(「BOOK」データベースより)
あの殺人ゲームが帰ってきた。ネット上で繰り広げられる奇妙な推理合戦。その凝りに凝った殺人トリックは全て、五人のゲーマーによって実際に行われたものだった。トリック重視の殺人、被害者なんて誰でもいい。名探偵でありながら殺人鬼でもある五人を襲う、驚愕の結末とは。第10回(2010年)本格ミステリ大賞受賞作、2010本格ミステリ★ベストテン第1位。


前作の結末をなんとなく覚えていたので、序盤からおかしいと感じていた。
その理由は中盤で明かされるのだが、予想通りの展開で驚きはない。
その直前の第4話の意外な犯人がなかなか良かった。
楽しめたが、前作と比べるとインパクトが弱い。
この形式でどこまでいけるのか。

検索フォーム
Amazon
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR