歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」

密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)
歌野 晶午
講談社 (2012-07-13)
売り上げランキング: 110456

内容(「BOOK」データベースより)
あの殺人ゲームが帰ってきた。ネット上で繰り広げられる奇妙な推理合戦。その凝りに凝った殺人トリックは全て、五人のゲーマーによって実際に行われたものだった。トリック重視の殺人、被害者なんて誰でもいい。名探偵でありながら殺人鬼でもある五人を襲う、驚愕の結末とは。第10回(2010年)本格ミステリ大賞受賞作、2010本格ミステリ★ベストテン第1位。


前作の結末をなんとなく覚えていたので、序盤からおかしいと感じていた。
その理由は中盤で明かされるのだが、予想通りの展開で驚きはない。
その直前の第4話の意外な犯人がなかなか良かった。
楽しめたが、前作と比べるとインパクトが弱い。
この形式でどこまでいけるのか。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR