2012年に読んだ本ランキング

大晦日なので一応順番を付けておく。
改めて見るとかなり偏っているな。
去年より多く読めたことは良かった。

1.森博嗣「ジグβは神ですか」
 期待通りの出来だった。

2.西尾維新「憑物語」
 こよこよ!!

3.五代ゆう「クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅠ~Ⅴ」
 読み応えのある大作だった。

4.米澤穂信「ふたりの距離の概算」
 日常の謎、しかも心理的な謎で、苦手なはずなのに面白く読めた。

5.円居挽「丸太町ルヴォワール」
 やり過ぎなところが素晴らしい。

6.伊藤計劃「The Indifference Engine」
 「屍者の帝国」を読むしかない

7.川上稔「境界線上のホライゾンⅠ〈上〉〈下〉」
 不思議な魅力。

8.有栖川有栖「女王国の城」
 本格らしくて良い。

9.東野圭吾「聖女の救済」
 「容疑者Xの献身」が面白すぎたのだ。

10.牧薩次「完全恋愛」
 シンプルで読みやすくて面白かった。

11.三津田信三「密室の如き籠るもの」
 短編だと少し物足りない。

12.貴志祐介「新世界より 上・中・下」
 長さが残念。

13.歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」
 これも前作の衝撃が強すぎた。

14.奈須きのこ「空の境界 未来福音」
 ボーナストラックとして楽しめた。

15.法月綸太郎「ふたたび赤い悪夢」
 三部作の完結編として読むべきだった。

16.東野圭吾「ガリレオの苦悩」
 地味だがやっぱり短編のほうがガリレオっぽい。

17.赤川次郎「マリオネットの罠」
 高校生の頃に読んでいたらはまっていただろう。

18.三津田信三「スラッシャー 庭園の殺人」
 ミステリ部分しか楽しめなかった。

19.田代裕彦「シナオシ」
 前作ありきな感じがするが、騙された。

20.有栖川有栖「新装版 46番目の密室」
 古典的なトリックは良かったが、なぜか面白くない。

21.鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
 こういう大法螺感は好きだ。

22.北森鴻「凶笑面」
 ミステリはおまけだと捉えれば悪くない。

23.二階堂黎人編「密室殺人大百科(上)〈下〉」
 謎解きを楽しめた。

24.石田衣良「ドラゴン・ティアーズ 龍涙」
 疾走感がなくなり、初期とは別物になってしまった。

25.田代裕彦「キリサキ」
 「シナオシ」へのネタ振り。

26.北森鴻「触身仏」
 悪くはない。

27.法月綸太郎「二の悲劇」
 絶望的なまでの読みづらささえなければ楽しめたであろう。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR