東野圭吾「私が彼を殺した」

私が彼を殺した (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 6,112

内容紹介
全編、読者への挑戦状。
この謎を解けるか?
流行作家・穂高誠が、新進の女流詩人・神林美和子との結婚式当日に毒殺された。
容疑者は3人。
しかし3人が皆「私が彼を殺した」とつぶやく。
はたして真相は…
加賀恭一郎シリーズ


105円だったのを見つけたので早速買ってきた。
面白いが少し冗長に感じた。
今度はかなり変則的。
1つの殺人事件における3人の容疑者それぞれについての倒叙物となっていて、多重解決が成立しそうであり、さながら「毒入りチョコレート事件」といった趣。
「毒チョコ」は読んだことないけど。
さて、肝心の謎解きだが、またしても一読した限りでは無理だったので、適宜振り返りつつ推理を試みる。

以下ネタバレ。

まずは整理しておこう。容疑者は神林貴弘、駿河直之、雪笹香織の3名。
犯行に使われた可能性のある硝酸ストリキニーネ入りのカプセルは2つ。
1つは貴弘がゴミ箱から回収したもの、もう1つは浪岡準子の薬瓶から消えたもの。
つまり全員にとって犯行は可能だった。いや、違うな。それでも不可能だったのだ。
いつピルケースに毒薬を仕込んだのかという問題がある。
したがって何らかのトリックの存在が疑われる。
加賀刑事によれば、美和子のバッグ、薬瓶、ピルケースの内、どれか1つに身元不明の指紋がついていた、という点が犯人特定の鍵となるらしい。
はい、思いついた。ピルケースだな。
指紋は穂高誠の前妻のものだろう。
ピルケースはペア、前妻の持ち物は駿河の部屋に置いてあるという2つの事実が犯人を示す。
すなわち犯人は駿河直之だ。
これにて犯人当ては終了だが、まだ不十分な点が残る。
駿河はいかにして穂高を殺害したか、考えよう。
当然、どこかでピルケースが入れ替えられたことになる。
確認してみるとピルケースをボーイに渡す前に一度ポケットに入れたという描写があった。
ここだな。
これで物理的に不明な点はもうない。
心理面は放っておこう。

また袋とじ解説と結論は同じだった。
ガチガチの犯人当てじゃないからワンポイントで犯人にたどり着いてしまい、難度はあまり高くならないのだな。
少し考えた後、閃いた瞬間の快感が得られたので良かった。
そういう意味では絶妙な難易度だったのだろう。私にとって。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード
QR