川上稔「境界線上のホライゾンⅢ〈下〉」

境界線上のホライゾン3〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
川上 稔
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 17,825

内容(「BOOK」データベースより)
M.H.R.R.が仕掛けた、K.P.A.Italiaの厳島上空での竜脈炉爆発を合図とするように、遂に三十年戦争における最悪の敗戦を生む歴史再現“マクデブルクの掠奪”が始まった。そんな中、トーリ達はマクデブルク郊外にある、M.H.R.R.の総長ルドルフ二世が幽閉された鋼鉄の塔へと向かう。六護式仏蘭西、そしてM.H.R.R.の旧派と改派、P.A.Oda、オッパイカーチャンと貧乳娘とか、全ての思惑はどこへ向かうのか?その中で武蔵が取る選択とは!?中世の日本と世界各国が同居する“極東”を舞台に繰り広げられる学園ファンタジー第3話、完結。


ネイト覚醒。アンヌの最期。松永久秀の二度目の謀反。三方ヶ原の戦い。聖なるカレー粉。長篠の戦い。江戸湾消滅。ついに羽柴登場。文禄の役。里見義頼の忠。そして武蔵の敗北。
とまあ、盛りだくさんの内容だった。
これでまだ序盤だというのだから末恐ろしい。
ここまでの疑問点を幾つか。
重力操作とかできる科学水準でなぜ宇宙へ行くことができないのか。そもそもなぜ宇宙へ行きたいのか。まず神州の外へ進出するのが先ではないか。
この辺りの疑問や頻繁に挟まれる小ネタを考えると、何か大仕掛がありそうな予感もある。
神代の歴史を再現するだけでも面倒くさいのに、聖譜記述の解釈なんて問題もあり、さらに重奏統合争乱を経て世界と極東が重なってしまっているので、ややこしさに拍車がかかっている。
しかしこのややこしさが面白さに直結しているので、エンタメというのは難しいなあ。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR