綾辻行人「眼球綺譚」

眼球綺譚 (角川文庫)
眼球綺譚 (角川文庫)
posted with amazlet at 13.07.01
綾辻 行人
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 71,996

内容紹介
編集者の主人公に、大学の後輩から郵便が届いた。「読んでください。夜中に、一人で」という手紙とともに、その中にはある地方都市での奇怪な事件を題材にした小説の原稿がおさめられていて……珠玉のホラー短編集。


「再生」よくある再生能力もの。意外性が足りない。気色悪さはホラーなのか?
「呼子池の怪魚」え? なに? この意外なオチ、ていうか飛翔。
「特別料理」気持ち悪い。オチが宙ぶらりんだな。そういう狙いなのはわかるけど。
「バースデー・プレゼント」トリックは隠す気がないとしか思えない。そして意味不明。
「鉄橋」ホラーとしてはこれでいいのだろうが、なんだかすっきりしない。
「人形」今度はすっきりした。
「眼球綺譚」いつの間にか衝撃のない叙述トリックに引っかかっていた。全話に登場する咲谷由伊はこのための布石だったのだな。作中作ということで何かあるという期待をしながら読んだのだが、何だろう、この感じ。読んでいる最中は面白かったけれど、読み終えてみると微妙。
ということで、ベストは「呼子池の怪魚」
ちなみに漫画版もある。

眼球綺譚 ―COMICS― (角川文庫)
綾辻 行人 児嶋 都
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 38,787

スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR