山本弘「シュレディンガーのチョコパフェ」

シュレディンガーのチョコパフェ (ハヤカワ文庫JA)
山本 弘
早川書房
売り上げランキング: 255,376

内容(「BOOK」データベースより)
キャラグッズの買い物につきあってくれる裕美子は、俺にとって最高の彼女。でも、今日のデートはどうにも気分が乗らない。久々に再会した旧友の科学者、溝呂木がこの世界の破壊を企んでいるらしいのだ―アキバ系恋愛に危機が迫る表題作、SFマガジン読者賞受賞の言語SF「メデューサの呪文」、孤独なサイボーグの見えざる激闘を描く「奥歯のスイッチを入れろ」など7篇を収録。


「シュレディンガーのチョコパフェ」都合が良すぎるだろ。情景を想像しながら読むと実に気持ち悪い。
「奥歯のスイッチを入れろ」意図がわからないな。プロローグあるいはイントロとしてなら理解できなくもない。そうか、打ち切り漫画っぽいのだ。
「バイオシップ・ハンター」これぞSF!って感じ。6割ぐらい理解できなかったけど。
「メデューサの呪文」これはすごい。『ドグラ・マグラ』とか『虐殺器官』とかを思い出した。現実と地続きの設定だったらもっと幻惑されたかもしれない。
「まだ見ぬ冬の悲しみも」外れクジってことだな。アイディアは面白いけど論理的に正しいのかな。どうも納得できない。
「七パーセントのテンムー」既読。私は哲学的ゾンビだ。
「闇からの衝動」元ネタがわからないから何とも言えない。
解説に感じたことが大体書いてあった。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR