折原一「遭難者」

遭難者 (角川文庫)
遭難者 (角川文庫)
posted with amazlet at 13.07.30
折原 一
角川書店
売り上げランキング: 578,392

内容(「BOOK」データベースより)
北アルプスの白馬岳から唐松岳に縦走中、不帰ノ嶮という難所で滑落死した青年・笹村雪彦。彼の山への情熱をたたえるため、彼の誕生から死までを追悼集にまとめることになった。企画を持ちかけられた母親は、息子の死因を探るうちに、本当に息子は事故死なのだろうか、と疑惑を抱き始める…。登山記録、山岳資料、死体検案書などが収められた追悼集に秘められた謎、謎、謎…。2冊組箱入りで、待望の文庫化。奇書!2冊組箱入りの追悼集に隠された死者からのメッセージ。この本は追悼集(本編)と別冊の二つで構成されています。


買ってから長らく放置していた。
ブックオフの105円コーナーで買ったのは覚えているがあれはいつの事だっただろうか。
箱入りだったから興味を惹かれたのだ。
そして長い時を経て今読み終えたわけだが、これ、スタイルが変則的なだけで中身はごく普通のミステリーじゃん。
作者からして叙述トリックを期待していたのに、そういった仕掛けが皆無なのだ。
その上意外性までないとくれば、まさしく虚仮威し。
2時間ドラマならこれで十分だろうが、なぜわざわざこんな形式にしたのか全く理解できない。
そういう意味で「奇書」という煽りはあながち間違っていない。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR