倉阪鬼一郎「四神金赤館銀青館不可能殺人」

四神金赤館銀青館不可能殺人 (講談社ノベルス)
倉阪 鬼一郎
講談社
売り上げランキング: 661,309

内容(「BOOK」データベースより)
花輪家が所有する銀青館に招待されたミステリー作家屋形。嵐の夜、館主の部屋で起きた密室殺人、さらに連鎖する不可能殺人。対岸の四神家の金赤館では、女の「殺して!」という絶叫を合図に凄惨な連続殺人の幕が切って落される。両家の忌まわしい因縁が呼ぶ新たなる悲劇!鬼才が送る、驚天動地のトリック。


積読消化キャンペーン。
噂に違わないバカミスで満足感はかなり高い。
殺人事件なんてどうでもよくなる驚愕のトリック。
私は「で……」の時点である可能性に思い至り、爆笑してしまった。
「泉水館第四の秘密」が伏線になっているのだ。
この情報がなかったらきっと気づかなかっただろう。
台本の仕掛けには気づけなかったが、これはアンフェアなので仕方ない。
ふーちゃんの正体は最初から謎でも何でもないのでカタルシスはなし。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR