米澤穂信「折れた竜骨」

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)
米澤 穂信
東京創元社
売り上げランキング: 16,714

内容(「BOOK」データベースより)
ロンドンから出帆し、北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナは、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた…。いま最も注目を集める俊英が渾身の力で放ち絶賛を浴びた、魔術と剣と謎解きの巨編!第64回日本推理作家協会賞受賞作。


ずっと艦これやってて本を読んでなかった。イベントも落ち着いたと思ったら延長してさらに新艦追加と来た。武蔵は早々にゲットしてるから迷うところだ。

ということで久しぶりのミステリなのだが、普通に楽しめた。
この手の特殊設定下のミステリは論理が際立つんだよな。
故に論理的思考の苦手な私は推理に関してはお手上げだったが、犯人や真相については早い段階で予想ができた。
余計なものを無視すると普通のミステリだからだ。
推理なんてしなくても伏線らしき情報を結びつけるだけで自ずと浮かび上がってくる。
まあ、だからどうしたということなのだが。
予想だにできない意外な真相だったらもっとよかった。

折れた竜骨 下 (創元推理文庫)
米澤 穂信
東京創元社
売り上げランキング: 21,150

スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR