麻耶雄嵩「貴族探偵」

貴族探偵 (集英社文庫)
麻耶 雄嵩
集英社 (2013-10-18)
売り上げランキング: 6,231

内容(「BOOK」データベースより)
信州の山荘で、鍵の掛かった密室状態の部屋から会社社長の遺体が発見された。自殺か、他殺か?捜査に乗り出した警察の前に、突如あらわれた男がいた。その名も「貴族探偵」。警察上部への強力なコネと、執事やメイドら使用人を駆使して、数々の難事件を解決してゆく。斬新かつ精緻なトリックと強烈なキャラクターが融合した、かつてないディテクティブ・ミステリ、ここに誕生!傑作5編を収録。


「ウィーンの森の物語」犯人当てとしては簡単な部類だった。もっと捻くれているのを期待していたけれど、その代わりにキャラクターが強烈だった。
「トリット・トラッチ・ポルカ」こういう方向性なのか。シンプルとツイストの両立。やっぱりキャラクターが強烈。
「こうもり」やられた! 登場人物の一人が鍵だというのはわかっていた。違和感のある描写にも気づいていた。しかしもう一段上のトリックが仕掛けられていた。解決編に入ってもメイドが何を言っているのか理解できなかった。混乱したのは『弁護側の証人』以来だった。フェアプレイを逆手に取ったトリックに一本取られた。森博嗣がこれと逆のことをやってフェアかアンフェアか議論になっていた記憶がある。それと特に言及はないが浮気相手は貴族探偵だよな。
「加速度円舞曲」謎の所在がわからなかったが正しくフーダニットだった。玉突き式の論理も面白いものだ。
「春の声」真相についてはこの作者ならやりそうなことだと容易に想像できた。推理はできなかった。いつものことだ。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR