法月綸太郎「パズル崩壊」

パズル崩壊―WHODUNIT SURVIVAL 1992‐95 (集英社文庫)
法月 綸太郎
集英社
売り上げランキング: 479,979

内容(「BOOK」データベースより)
ホテルの客室で発見された、女の上半身と男の下半身がつながれた惨殺死体。それぞれの半身をめぐる密室殺人の謎(「重ねて二つ」)。誘拐犯からの間違い電話のせいで事件の片棒を担ぐ羽目になった推理作家の不思議な経験(「トランスミッション」)。気鋭の前衛画家はなぜ妻の遺体に絵を描いたのか?会心の中編「カット・アウト」など、著者の新境地を切り拓いた傑作短編集、ついに文庫化。


「重ねて二つ」なんといってもこの短さが良い。実にスマートだ。トリックは微妙だな。突っ込みどころ満載。同系統でもっとぶっ飛んでるネタを密室殺人ゲームのどれかで読んだ覚えがある。
「懐中電灯」倒叙物。意外性はない。フェアプレイ精神は必要なのか?
「黒のマリア」ゆ、夢オチ!?まあミステリ部分に関してはまとまっているのでこれもありか。
「トランスミッション」何だこれ?面白いけど意味がわからないぞ。
「シャドウ・プレイ」続いてよくわからない話。前話と連関しているように思えるのだが、どうだろう?
「ロス・マクドナルドは黄色い部屋の夢を見るか?」これは凄い。結局のところ悪ふざけなのだが、ハードボイルドとミステリ、それぞれの文脈での意外性と騙りの手法が見事にはまっている。
「カット・アウト」これは駄目だ。尽く意味不明。専門知識の羅列。本筋も解釈を放棄すれば何の捻りもない話。
「……GALLONS OF RUBBING ALCOHOL FLOW THROUGH THE STRIP」ミステリではない。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR