2014夏アニメ感想

今期もランキングをつける。
完走した分だけ。
と言っても結局かなりの数を最後まで見たのだが。



1.月刊少女野崎くん
月刊少女野崎くん 第1巻【 イベント優先販売申込券 】 [Blu-ray]
KADOKAWA メディアファクトリー (2014-09-24)
売り上げランキング: 20

今期1番の大当たりだった。千代ちゃんかわいい。OPEDの破壊力もすごい。



2.魔法科高校の劣等生

実は毎週1番の楽しみだった。当初の糞アニメ臭が見続けているうちにそのまま魅力になった。アオハライドを見ていて思ったが、これって少女漫画だよね? 完璧超人のヒーロー。



3.アルドノア・ゼロ

圧倒的な戦力差を知略でひっくり返すカタルシスは良い。敵が間抜けなのもご愛嬌。イナホくんはヘブンズフォールで瀕死の重傷を負っており頭にチタンが入っている、に一票。アルドノアの呪いで不死身化している、でもいい。



4.ハイキュー!!

青春って良いよね。



5.ばらかもん

始まったと思ったらもう終わっている。そんな時間間隔を狂わすアニメ。



6.さばげぶっ!
さばげぶっ! 1 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2014-09-24)
売り上げランキング: 226

ゲス主人公と重厚なナレーション、パロディまで。お腹いっぱい。



7.HUNTER×HUNTER
HUNTER × HUNTER キメラアント編 BD-BOX Vol.1 [Blu-ray]
バップ (2013-12-21)
売り上げランキング: 31,450

3年間の集大成。というかキメラアント編をやってくれただけで大満足。続きはいつになることやら。



8.スペース☆ダンディ
スペース☆ダンディ 6 [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2014-09-24)
売り上げランキング: 640

やりたい放題やっておいて、最後はきっちりまとめてくるからずるい。ずっと続けて欲しい。



9.ベイビーステップ
ベイビーステップ Vol.1 [DVD]
ポニーキャニオン (2014-08-20)
売り上げランキング: 9,121

コツコツと積み上げていく感じが良い。NHKだから最後までやってくれることを期待しよう。



10.信長協奏曲

ドラマの宣伝なのだろう。まとめる気が微塵も感じられないながらも、信長という時点でネタバレ済み同然なのでコメディとして楽しめた。



11.Persona4 the Golden ANIMATION

残念ながら1話がピークだった。



12.普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。

何も考えずにぼーっと見れるアニメは案外貴重。個人的にはけいおん1期以来のヒットだった。



13.六畳間の侵略者!?
六畳間の侵略者!? 第1巻 (初回限定版)(健速書下し小説同梱) [Blu-ray]
ポリドール映像販売会社 (2014-09-24)
売り上げランキング: 98

これはとにかく2期が見たいアニメ。



14.幕末Rock
幕末Rock第1巻(初回限定版)(雷舞イベント(昼の部)優先販売申込券・特製CD同梱) [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2014-08-27)
売り上げランキング: 1,950

戦国BASARAに期待していたものがこっちにあった。



ランキングはこの辺りで終了。もう気力がない。
改めて数えてみたら、今期完走したのは全部で36作品だった。
こりゃあ本が読めないわけだ。
加えて艦これもやってるから、いくら時間があっても足りない。

さて、来期の期待は、
甘城ブリリアントパーク
Gのレコンギスタ
selector spread WIXOSS
ログ・ホライズン 第2シリーズ
Fate/stay night
グリザイアの果実
ガンダムビルドファイターズトライ
棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE
寄生獣 セイの格率
PSYCHO-PASS サイコパス 2
蟲師 続章

また、多いな。毎日2本ずつくらいが良いのだが……。
スポンサーサイト

機動戦艦ナデシコ

機動戦艦ナデシコBlu-ray BOX【期間限定版】
キングレコード (2010-02-24)
売り上げランキング: 22,150

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
SFアニメの金字塔「機動戦艦ナデシコ」シリーズを網羅したBOX。TVシリーズの全26話に加え、劇場版『~-The prince of darkness-』を収録。特典に劇中アニメをOVA化した『ゲキ・ガンガー3 熱血大決戦!!』やブックレットを封入。6枚組。


初めて見たけど面白いな。
基本はラブコメで、おまけのようなSF要素が意外にしっかりしている。
すさまじいテンポでギャグが展開され、同じ勢いで人が死ぬ。
そんな感じで盛り沢山なのだが、劇場版まで見てもまとめきれていない。
明らかに尺が足りていないのだ。
ちょっと前のアニメを見ていてよく思うことなのだが、フラグの処理が甘い。
こういうのが積み重なって昨今のテンプレラノベアニメができたのだから当然ではある。
予定調和を崩されるという意味では面白くはあるのだが、何とも不安な気持ちにさせられる。
機能の様式化も良し悪しだな。
お口直しとしてはいいかもしれない。

三ツ矢 フルーツサイダー グレープフルーツ

三ツ矢 フルーツサイダーグレープフルーツ 500ml×24本
アサヒ飲料 (2014-09-09)
売り上げランキング: 5,111

新発売なので試しに飲んでみた。
美味かった。
あまりグレープフルーツっぽい味はしない。
甘さ控えめのスプライトって感じ。
他のフルーツサイダーシリーズはイマイチだったので期待してなかったけど、これは良い。
ぜひレギュラー化してほしいものだ。

石田衣良「PRIDE-プライド 池袋ウエストゲートパークⅩ」

PRIDE プライド―池袋ウエストゲートパーク〈10〉 (文春文庫)
石田 衣良
文藝春秋 (2012-09-04)
売り上げランキング: 9,763

この前本屋で11を見かけて、10を読んでなかったのを思い出して積読の山から探して早速読んだ。2年近く寝かしてたらしい。
「データBOXの蜘蛛」テンプレ。
「鬼子母神ランダウン」イイハナシダナー。
「北口アイドル・アンダーグラウンド」今度はできるオタク。
「PRIDE-プライド」キングの好みがブレてる。
これにて第1部完らしい。
ネタは日々供給され続けているからいくらでも続きは行けそうな気がする。
でも、個人的にはもうこれでおしまいでもいいかな。
読んでいて時系列が気になった。
これまで大体1年に1冊で作中時間も同じように経過しているものと思っていたけど、それでは説明がつかない描写が幾つもあった。
単に規則から外れただけか、あるいはまさかのサザエさん時空に突入したか。

川上稔「境界線上のホライゾンⅦ〈下)」

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (7)下 (電撃文庫)
川上稔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-06-10)
売り上げランキング: 15,770

内容(「BOOK」データベースより)
羽柴vs.関東勢の直接対決が始まり、白熱する関東解放戦。武蔵第六特務、直政と正木・時茂による因縁の武神対決が火蓋を切り、九鬼・嘉隆率いる鉄甲船艦隊と村上・元吉の村上水軍による艦隊戦も新たな局面を迎えようとしていた。自国の未来を見据え、歴史再現に殉じようとする者、抗おうとする者―それぞれの思惑が交錯するなか、里見家復興を目指す里見・義康の戦いがついに始まる。その一方で長岡・忠興の身柄を確保したトーリ率いる武蔵勢は、巴御前と忠興夫人・クリスティーナが担うネルトリンゲンの戦いの歴史再現にどの様に介入していくのか。そして副王ホライゾンの出番はあるのか―?第七話、完結!!


ネルトリンゲンの戦いはあっさりしていたが、よくよく考えると小田原征伐が濃すぎただけでこれでも十分濃厚だな。アデーレが久々に輝いていた。出番のなかった正ヒロインがピンチに登場しいいところを持っていった感がある。宗茂砲の活躍も良かった。
関東解放で思ったのだが、スケール感がおかしくないだろうか。神州がかなり小さく感じた。安土の大きさや、キャラクターの速度に私の想像力が追いついていないだけかもしれないが、気になった。
世界の謎は未だ明らかにならず。終わらせて終わらせない創世計画とは何なのか。歴史再現の厳格化と帝との関係という新た謎。
夏休み突入で次は本能寺の変のようだ。「みつひでくんはまだ?」
新刊を読むたびアニメを見返している。早く3期をやってほしいものだが、1クールには到底収まらないだろうし、敗北の物語で終わるわけにもいかないから、少なくとも4期は間を空けないほうが良さそうだし、そうなるといろいろ難しいのだろう。R元服要素もあったな。

艦これ 3-5

ようやく3-5クリア。

下ルートのほうが簡単そうだったので、軽巡1駆逐5で挑戦。
削りは3回連続で成功。
ところがそれから何度やってもボスにたどり着けなくなった。
1戦目のリ級フラッグシップがやたら強いせいだ。
砲撃で敵の頭数を減らすこともままならず、雷撃で毎回大破する。
そこで上ルートに変更。
重巡3戦艦1空母2。
こちらは道中1戦増えるが、祈りを捧げるのは3戦目の北方棲姫のみ。
その上、もし大破してもS勝利でドロップが期待できるので、精神衛生上非常によろしい。
結局上ルート挑戦3回目でボス撃破に成功。
任務消化のためもう1回続けて成功。

ということで、マンスリーの3-5は下ルートで削って上ルートでとどめを刺すという方針に決定。

1/700 日本海軍 工作艦 明石 W37
ピットロード
売り上げランキング: 122,159

川上稔「境界線上のホライゾンⅦ〈中)」

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (7)中 (電撃文庫)
川上稔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-04-10)
売り上げランキング: 40,595

内容(「BOOK」データベースより)
小田原征伐に続いて関東解放の歴史再現がついに始まった。江戸湾上空では羽柴の鉄甲船艦隊と村上・元吉率いる毛利艦隊がぶつかり、地上においては鍋島・直茂の機竜とMouri‐01の武神隊が激突する。それぞれの目的が明らかとなり、大きく変わりつつある各国の情勢。里見家復興のため奮起するペタ子、夫人の死が目前にせまり懊悩する少年、長岡・忠興。仲間達の決意を前に、トーリ達武蔵勢はこの歴史再現にどのように関わっていくのか―?川上稔が贈る、学園戦国ファンタジー第七話、中盤戦!


なんて思っていたら、ネルトリンゲンに到着すらせず、関東解放の途中までしか進まなかった。
どんどん登場する新キャラの物語が語られるからだ。
このところのスピード感の欠如には他の理由もあって、それは寄り道や横槍が多いことだ。
掲げた目標が中々達成されないため、実際にはそれなりに展開していても、進んでいる気がしない。
「点蔵がちんこ勝負でおちんこでる」がハイライト。このネタでどこまで行けるだろうか。

川上稔「境界線上のホライゾンⅦ〈上)」

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (7)上 (電撃文庫)
川上 稔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-02-08)
売り上げランキング: 88,542

内容(「BOOK」データベースより)
小田原征伐と蟹江城の戦いを乗り切った武蔵は、続く関東解放を前に短い休息の時を得ていた。そんななか、ナイトや鈴や正純は、武蔵に関東解放の戦前交渉に訪れた毛利艦隊の中に、M.H.R.R.の艦が混在している事に気付く―。裏切りか。果たして誰が何の意図をもって行動をしているのか!?小田原征伐を経て大きく変わりつつある各国の情勢。トーリ達武蔵勢はどのように対応していくのか?川上稔が贈る学園戦国ファンタジー、第七話開幕!


いつの間にか出ていた。
上巻なので、最後のほうでやっと物語が動き始めた。これからだ。
前巻までの内容を忘れているからなのか、私に歴史の素養がないからなのかわからないが、最初の会議がちんぷんかんぷんだった。
ぽっと出の新キャラのボーイ・ミーツ・ガールとして読むのが良さそう。

検索フォーム
Amazon
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR