石黒正数「それでも町は廻っている 14」

それでも町は廻っている 14巻 (ヤングキングコミックス)
石黒正数
少年画報社 (2015-05-30)
売り上げランキング: 45

月日が経つのは早いもので気が付くと新刊の発売日を過ぎていた。
早く読みたかったので、今にも雨が降りだしそうな空の下、最寄りの書店に赴いた。
なんとか雨に降られる前に帰宅できたが、そこで力尽きてしまった。
こうして積読が増えていくわけだ。
ざっと数えたら文庫本だけで100冊以上積み上がっている。
消化しなければ。
さて、そんな感じで一眠りしてリフレッシュしてから読んだわけだが、今回も面白かった。
「雲丹飛行船」がいい味を出している。一体どんな内容なのか。
時系列がシャッフルされているので、散りばめられた伏線がえらいことになっている。
読んでいても特に意味はないのだが、全部計算尽くだと言わんばかりで、整合性のある物語は気持ちがいい。
門石梅和⇔亀井堂静
探偵脳なら気が付きそうなものだが、そこが嵐山歩鳥である。
スポンサーサイト



検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
QRコード
QR