米澤穂信「リカーシブル」

リカーシブル (新潮文庫)
米澤 穂信
新潮社 (2015-06-26)
売り上げランキング: 136,352

内容(「BOOK」データベースより)

越野ハルカ。父の失踪により母親の故郷に越してきた少女は、弟とともに過疎化が進む地方都市での生活を始める。だが、町では高速道路の誘致運動を巡る暗闘と未来視にまつわる伝承が入り組み、不穏な空気が漂い出していた。そんな中、弟サトルの言動をなぞるかのような事件が相次ぎ…。大人たちの矛盾と、自分が進むべき道。十代の切なさと成長を描く、心突き刺す青春ミステリ。


全体的に漂う不穏な気配はサスペンスっぽくて良い。しかし、ミステリ的には謎の核心になかなか迫らず、その周辺をうろうろしているように感じられて、イライラしたし、ラストも尻切れトンボっぽい。ヒロインの物語として読むときれいにまとまっている気もする。ある意味での大仕掛けはトンデモで、しかしながら予想を裏切るものではなかった。

光ファイバーの線をネズミに齧られて、ネットから切断されたので、読書が捗った。
スポンサーサイト

大山誠一郎「密室収集家」

密室蒐集家 (文春文庫)
大山 誠一郎
文藝春秋 (2015-11-10)
売り上げランキング: 351,079

内容(「BOOK」データベースより)

鍵のかかった教室から消え失せた射殺犯、警察監視下の家で発見された男女の死体、誰もいない部屋から落下する女。名探偵・密室蒐集家の鮮やかな論理が密室の扉を開く。これぞ本格ミステリの醍醐味!物理トリック、心理トリック、二度読み必至の大技…あの手この手で読者をだます本格ミステリ大賞受賞作。


本格ミステリだった。連作としての仕掛けが炸裂するのを期待していたが、不発に終わった。トリックは見え見えで、推理にはツッコミどころ満載だが、いくつか意外な犯人が見えて楽しかった。

梓崎優「叫びと祈り」

叫びと祈り (創元推理文庫)
梓崎 優
東京創元社
売り上げランキング: 326,938

内容(「BOOK」データベースより)

砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦…ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第5回ミステリーズ!新人賞受賞作を巻頭に据え、美しいラストまで突き進む驚異の連作推理。各種年末ミステリ・ランキングの上位を席捲、本屋大賞にノミネートされるなど破格の評価を受けた大型新人のデビュー作。


「砂漠を走る船の道」どうやら叙述トリックが仕掛けられていたようなのだが、わかりやすすぎて、その事実を意図的に隠しているのか、単に描写が下手なのか、判断できないまま、クライマックスに突入して、思い描いていたとおりの情景が現れ、反応に困った。それを抜きにしてもミステリ的には弱い。ソリッドシチュエーションってことなのかな。
「白い巨人」なぜか非常に読みづらかった。そして謎の答えがひどかった。
「凍れるルーシー」オチがはっきりしない。オカルトなのか?
「叫び」スリラー。
「祈り」これは叙述トリックなのか? 
面白かったが、ミステリ的には評判ほどのものとは感じなかった。

佐島勤「魔法科高校の劣等生 動乱の序章編」

魔法科高校の劣等生(21) 動乱の序章編〈上〉 (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2017-04-09)
売り上げランキング: 226

内容(「BOOK」データベースより)
二〇九七年三月。南米大陸で戦略級魔法『シンクロライナー・フュージョン』が使用された。それを契機に、世界に吹き荒れる動乱の嵐が、日本にも押し寄せようとしていた。翌月。国立魔法大学付属第一高校三年生に進級した達也と深雪の元に、十文字家当主・十文字克人からの招待状が届く。十師族、師補十八家の若手を集めて、自分たちを敵視する風潮に魔法師としてどう対処すべきかを話し合う為の会議に二人を招待する正式な書状。それが達也を、更なる波乱の日々へと誘う。


例のごとく記憶がもたないので下巻が出るのを待って読み始めた。
しかしそれ以前にこれまでのお話を忘れてしまっていた。
アニメは定期的に見直しているからそこまでは記憶があるので2期希望。
そういえば映画ももうすぐだ。
各種宣伝が完全に笑わせに来ている。

序章だからなのか話が散らかってるな。
もう多少のお兄様無双ではさすおにできない体になってしまった。
次巻のあらすじを読むと非常に面白そうだ。
来訪者編以来のワクワク感がある。

魔法科高校の劣等生(22) 動乱の序章編〈下〉 (電撃文庫)
佐島 勤
KADOKAWA (2017-06-09)
売り上げランキング: 14

パズドラ チャレンジダンジョン! 第47回

Lv7:闇アテナでノーコン。たとえ落ちコンがなくてもソティスは害悪。
Lv8:闇アテナでノーコン。エンハンスを溜めるために威嚇をフル活用。
Lv9:闇アテナでノーコン。ここでも威嚇が有効。
Lv10:転生ミネルヴァでノーコン。サブは火イルミナ、光イルミナ、ガディウス、転生サクヤ。ミネルヴァにネルヴァエンハンスと朱雀七星陣をアシスト。1Fでスキルを溜めようとしたらガンガン削れていくので、イルミナが使えるようになるのがぎりぎりになってしまった。この編成だとアモンが実質ボス。2色陣からでも半分削れなかったので麒麟乱舞を使った。バッケスはイルミナとエンハンスで一撃。シヴァはスキルを溜め直してから撃破。五右衛門は回復さえしていれば負けない。

マルチの相手を見つけるのが面倒なのでソロでやることにした。スタミナはしょうがない。これくらいの難易度ならまだやれるが、そろそろインフレについて行けるキャラがほしいところだ。

ニートタイムのウェルドールは石5個でスキルマ3体。レアガチャ1回分と考えれば上出来。オナリス様様だ。4体目まで頑張るべきか。
ドラクリストは石回収だけでいいとして、ラグウェルのスキル上げをするべきだろうか。
クラミツハのスキルマが2体できるぐらい周回してようやくヒノミツハをゲット。面倒な進化も頑張ってあとはレベリングだけ。
他にやるべきことは、ウミサチヤマサチの素材集め。どうせ使わないだろうが、進化だけはさせておきたい。
それとルミエルのスキル上げ。アンリも今週中にやっておくべきだろう。
キングタンも欲しいが、ボックスに余裕がない。経験上、拡張してもすぐにいっぱいになるからできればしたくない。無駄にスキルマになっているダンジョンモンスターを処分すべきかも。

乾くるみ「マリオネット症候群」

マリオネット症候群 (徳間デュアル文庫)
乾 くるみ
徳間書店
売り上げランキング: 1,054,814

内容(「BOOK」データベースより)

とにかく私は驚いた。ある晩、目覚めたら、勝手に動いている自分の身体。意識はハッキリしてるのに、声は誰にも通じない―まさか私、何かに乗っ取られちゃったの!?誰の仕業かと思っていたら、なんと操り主は、あこがれの森川先輩らしいの。でも、森川先輩って、殺されちゃったらしくって…それっていったい、どういうこと?とっても奇妙なパラサイト・ストーリー。書き下ろしで登場。


シンプルな設定を突き詰めた結果、凄まじい終局を迎えた。
短くて良い。

パズドラ ドラクリスト降臨!

ドラクリストは別に欲しくないが、魔法石は回収したい。
周回PTを組めそうにないので、ソロのアヌビス×ディアブロスで挑戦。
サブはぐんまけん、パンドラ、ツクヨミタマゾー、ガネーシャ。
結果的に余裕だった。
スキブが足りず、ガネーシャが間に合わなかったが、ボスの1ターン目は割合なので問題なかった。
ダメージ無効だと反撃が機能しないことを知った。
一度きりチャレンジ!で取ったドラクリストに合成したらスキルレベルが上がった。

本番はウェルドールだ。
魔法石を使ってまで周回する価値はあるのだろうか?
とりあえず4体は確保したい。
スキル上げは妥協せざるを得ないかもしれない。
その前にボックスがいっぱいなのをどうにかしないといけない。

パズドラ 一度きりチャレンジ!17

闇アテナでノーコン。
サブは転生ハク(ティフォン)、転生ペルセポネ、闇カーリー、カストル(ファセット)。
ボスはヘパドラだった。
その前のレイランを落ちコンで倒してしまったので、エンハンスを使えず数コンを覚悟したが、闇と水が順調に降ってきたので削りきれた。

パズドラ チャレンジダンジョン! 第46回

Lv8:闇アテナで1コン。
Lv9:闇アテナでノーコン。
Lv10:闇アテナでノーコン。クシナダに気を取られてバインド対策をし忘れて封印を食らってしまったが、運良く勝てた。
Lv11:ベジットで行けると思って、塗り絵サクヤとドロイドラゴンを入れて挑戦したが、消すつもりのない猛毒を消してしまって1コン。最後エンハンスで決めに行ったら、ベジットがオーバーしてしまって削りきれず1コンの計2コン。
よく考えたら潜在拡張たまドラなんて欲しくなかった。

ゴッドフェス10連で爆死したのでモチベーションだだ下がり。
また、ガチャから出るプラスが偏って困っている。

検索フォーム
Amazon
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR