FGO バトル・イン・ニューヨーク 2018 エキシビションクエスト

1.おむすびチェーン店・一号
凸リターンマッチエルキドゥをスタメンに、殿に未凸リターンマッチクーフーリン、残りは槍を適当に。
カード封印されまくりでただでさえたまりにくいNPが全くたまらず、エルキドゥが宝具を打つのに10ターンかかった。
140万オーバーで凄まじいオーバーキルだったが、全くメリットはない。
2回目の宝具を打つ間もなく退場させられて、残りのメンバーでちまちま削りながら、残り80万まで来たところで、クー・フーリン単騎。
これは令呪コースだなと思いながら、宝具を打ってよそ見していたら勝っていた。
即死が入るとは思えないから80万を削りきったことになる。
ちょっと信じられない。
バフもりもりならありうるのか?

2.フレイム・ゲート
アタッカーは北斎。マシュとフレンドのマーリンでクリア。
微妙にNPがたまらず、バフが途切れる場面があった。
無敵スキルで乗り切れるから別にいいが、なんだか微妙な感じ。
あと敵のクリティカル威力がおかしい。
防バフがある状態でも、連続で食らったら1万以上持っていかれるので、残りHP次第では即死。
ブレイク後はさらにバフが途切れやすくなるので、ブレイク前にできるだけスパルタ兵をたくさん倒しておきたい。

3.摩天楼の怪人
アタッカーはミドラーシュのキャスター。スカディ、フレンドのマーリンに控えはアイリ、メディア、術ネロ。
クリティカルが多すぎて早々にやる気が失せた。
タスクキルしながら20ターンほど耐えたが、時間を食うだけでさらにやる気が失せ、コンティニュー覚悟で進めた。
アイリは役立たず。
最後はネロ単騎で残り20万ほどを削りきった。
でもよく考えたらこれコンティニューできないクエストだった。
危うく1時間が無駄になるところだった。

4.おいでよジャガーの国
何回やっても勝てない。

5.ドルセント・リースショップ
仕組みを理解した頃にはもう勝っていた。
オジマンディアス未凸、マシュ、マーリンで脱落者なし。控えにメインアタッカーとしての騎金時を用意していたが出番がなかったので、オジマンディアスに凸礼装を付けていたらもっと楽だったはず。

6.スイーツユニヴァース
他人のプレイ動画を見てやる気が失せた。

7.フィナーレ「金色のメトロポリス」
邪ンヌ凸、マシュ欠片、フレンドホームズ凸、ジャンヌ未凸、ゲオルギウス鍛錬、ギルガメッシュ未凸。
アタッカーひとりではブレイブチェインを組めないとバニヤンを倒せないので、二人にした。
倒した順番は、バニヤン、アンメア、ジキル、メドゥーサ。
回避に頼った編成ではないので、ビリーを先に倒しても良かったのだが、他がもっと嫌だったので消去法で残った。
術ギルが出てきたところで、令呪を使ってギルの宝具で終わらせるつもりだったが、まだ場に出ておらず、念の為宝具威力を調べたらワンパンできなさそうだったので、術ギルを削っておいた。
そして予定通り令呪1画でクリア。

ただでさえ持ち物検査の側面が強いのに、それに加えて運要素での難易度調整は嫌がらせ以外の何物でもない。
高難易度と銘打っているのだから、何度も挑戦するのが当然だというのは理解できるが、むしろそうさせないようにインセンティブが働いている。
その最大の要因はレスポンスの悪さだ。
1回の試行に30分かかって、失敗したら最初からやり直しではやる気が出るべくもない。
また、フレンドの仕様も悪い点が際立つ。
特定の礼装を装備した特定のサーヴァントを借りたくても、ほぼいない。
特に今回は複数のクエストが並行していたので、その傾向に拍車がかかった。
さらに、運ゲーをクリアしても達成感は得られない。
自分が成長したわけではないからだ。
これは育成要素の否定にもつながる。
艦これと同じ。
試行回数でクリアするのなら、ゲーム性はむしろ邪魔になる。
ワンタッチで成功か失敗かの結果が出るだけのほうが望ましい。
今回に限ったことではないが、敵サーヴァントの強さが理不尽。
高いHP・ブレイクゲージ・クラスごとのチャージゲージ・スキルの回転率など、プレイヤーと対等ではない。
魔神柱や空想樹が強いのはわかるが、プレイアブルキャラクターの強さが敵か味方かで上下するのは納得できない。
ドラクエ6でテリーが仲間になったときのガッカリ感を思い出す。

ボックスは60箱で終わった。
メンテ前の数周で礼装がボロボロ落ちたのには殺意すら湧いた。
スカスカアタランテで3ターン周回してみたが、スキルをポチポチするのが面倒だし、ひとつ押し間違えただけで崩壊するし、思っていたより快適ではなかった。
オダチェン周回なんてやっている人は頭がおかしい。
スポンサーサイト

docomo dtab Compact d-01J ガラスフィルム&ケース


やっと届いたので貼ってみた。
以前スマホにフィルムを貼るのを失敗したことがあるので、今回は風呂で貼ることにした。
付属のアルコールシートとクリーニングクロスで拭いてから貼り付け。
載せるだけで勝手にくっつくので、配置が重要。
サイズは小さめなので、カメラと指紋センサーに合わせる必要がある。
最初貼り付けたときに大きめのホコリが入ってしまったので、ゆっくり剥がして、付属のホコリ取りで取り除いて再貼り付け。
気泡はゼロだし、ホコリも見当たらないのでこれで完成。
値段なりなのか、思っていたよりも分厚い。
指の反応は問題ないが、タッチペンだと少し押し付ける必要がある。


ケースのサイズはピッタリ。
画面に全く干渉しないので、フィルムを気にする必要がなかった。
画面カバーを留める磁石が強すぎる気がする。
少し臭い。
三つ折りのスタンド機能はイマイチなので違う形状のほうがいいかもしれない。

Amazonのおすすめ通りに買ってみたが、概ね満足。

docomo dtab Compact d-01J

dtab Compact d-01J (ゴールド)
docomo
売り上げランキング: 2,148

というわけでいろいろ吟味して、d-01Jの購入に至った。
最終的にCHUWI Hi9と迷ったが、安い方を選んだ。
ネットで調べた限りでは、ROMが16GBしかないのと、画面が強化ガラスじゃないらしいという点以外には欠点が見当たらなかった。
起動してすぐの時点では空き容量が8GBあったので、意外と余裕があるかもしれないと思ったが、アップデートして、Nova Launcherをインストールして、Chromeなどよく使うアプリの設定を終えて確認したら、7GBに減っていた。
やはり厳しそう。
FGOは諦めてスマホでやろう。
SDカードはFJL22に入れている物を流用する予定だが、ファイルの整理が面倒なのでいつになるかわからない。
これからFJL22には音楽プレイヤーとして頑張ってもらおう。
使わないアプリはアンインストールor無効化したが容量に変化はない。
docomo関係の通知がうざいので完全に黙らせたいが、よくわからないのでできることだけやっておく。
ガラスフィルムとケースを注文したがまだ届かないので後日。
画面の大きさは5インチスマホの3倍。
見るぶんには小さいが、片手で持つには大きい。
まだパズドラをやっていないのでわからないが、それ以外の用途にはもっと大きくても良さそう。
視野角は期待していたより狭い。
斜めから見ると手前と奥で色がかなり違って見える。
画面の明るさを自動にすると明るすぎる。
Galaxy S8と比べるとタッチ感度が鈍い気がする。
フィルムを貼ったらどうなるかが問題だ。
スピーカーが上下についているのは動画用端末としてポイントが高い。
音量を最低にしても大きいのが気になるが、Galaxy S8も同様なので、こういうものらしい。
カメラは使わないのでどうでもいい。
ロックしないので指紋センサーはいらないが、ナビゲーションバーの代わりになるのは便利。
とりあえずはこんなところか。

パズドラ ランキングダンジョン リクウ杯2

メインアカウントではヴァース毒2枚編成で10%以内に入れたのでここで終了。
ネプドラを買ったり、潜在キラーをしっかり振ったりすれば、王冠も狙えそうだが、そこまでのやる気はない。
問題はサブアカだ。
リクウが欲しい。
しかし手駒が足りない。
ヴァース以外の選択肢はないので、サブをどうするかが課題。
ケルベロスは2色陣しかない。
ワダツミは盤面パズル。
セロを毒で倒すか、無効貫通で倒すか、ブレスで倒すか。
キラー不足で道中のドラゴンタイプ以外は1コンボで倒せないのでかなりタイムロスがある。
ボックスを眺めた上での一応の結論は、キリ、イルム、ゼラ、アテン(回復スキル)。
試しにやってみたら、19%だったので、まあこれでいいか。
進化素材を集めるのは面倒だが、石回収のついでと考えたらそれなりのモチベーションは保てるだろう。

タブレット端末購入検討中

FJL22でパズドラができなくなるので新しい端末が欲しい。
パズドラだけなら安いスマホでいいのだが、他のエンタメ要素も考えると、どうせ買うならタブレットがいいように思えてきた。

条件
・8インチ以上(動画や電子書籍のため。パズドラには向いてない?)
・ある程度(FGOがストレスなく動く)以上のスペック
・安ければ安いほどいい

まず候補として上がってくるのはiPad2018。
ほぼ理想のタブレットだが、SDカードが使えないのがネック。

Androidタブレットはスペックが低いものがほとんどで、おそらくゲーム用タブレットという市場がニッチすぎるのだろう。
スマホゲームはスマホでやればいいので当然の話ではある。

というわけで、ちょうどいい物が見つからない。

Xiaomi Mi Pad 4という絶妙な製品があるにはあるが、いろいろなハードルが高く、手を出す気になれない。
その他いわゆる中華タブレットは性能の割に安いが、どこかしら決定的な欠点があって、そこを妥協するくらいなら量販店で買えるものでいいやって感じになり、実に残念。

パズドラ 工龍契士の創玉殿 1節~

1節;簡単。

2節;ボスが硬いので火力が必要。進化用強化ということだが、あえて入れる必要はない。むしろ罠ではないか。進化用モンスターを入れられるPTにはその必要がないし、火力が足りないPTには素材を入れる余裕がない。耐久PTなら話は違うのか?

3節;11コンボするだけ。

4節;要リダチェン対策。威嚇かサブを同系統のリーダースキルで固めるか。

5節;封印耐性>覚醒無効解除>暗闇耐性>お邪魔耐性>操作時間延長の順で対策が必要。攻略サイトでリクウがおすすめされていたので、そのまま突っ込んだらセルケトを削りきれずに負けた。火力に寄与する覚醒スキルがないと225倍でも火力不足。神キラーがついたフレンドを探してリベンジ。

6節;LF闇メタ、S追撃ヨグ(坂本装備)、雲耐性ヨミドラ、正月ツクヨミ、比古清十郎。ギミックを完封できたので簡単だったが、どれか一つ足りないだけで難易度が跳ね上がる。つまりサブアカでは無理ゲー。
※サブアカでは一切のギミック対策を諦めて、カミムスビでノーコン。軽減と超回復力で耐久しながら攻略できた。HP要因としてのニースは必須か。

7節;闇メタでノーコン。何らかの根性対策と高火力が必要。闇メタならLFで火力は十分なので、回復を作れるサブを詰めるだけでいい。

8節;ボスをワンパンするために浦飯幽助で挑戦。毒目覚めのせいで回復が降ってこない。ぎん千代の陣が回復を5個作らなかったので1回負けた。光水回復の3色陣が欲しい。ぎん千代と水着ぎん千代に遅延耐性を付けて再挑戦。ボス戦では毎度のことながら幽助の2色陣が光少なめだったので、副属性の無効貫通7コンボでワンパン。これがあるから潜在ドラゴンキラーは必須。

9節;手持ちで唯一ノーコンのチャンスがありそうな闇メタで挑戦。ボスと殴り合うのは負ける未来しか見えないので、ワンパンしたい→吸収無効は比古清十郎しか持ってない→貂蝉にアシストすることでスキルターンを最小限にした。ナインガルダ対策でロック解除と回復生成と追加攻撃が必要→ヨグソトースと雷神で対応。クシナダ対策として正月ツクヨミ。こんな感じでギミック対策をしたら明らかに火力が足りないので、ドラゴンキラー付きラグドラに雷神をアシストして底上げ。4回目でノーコン。ナインガルダに2回、ツバキに1回負けた。ツバキはスキルため中の事故なので置いといて、ナインガルダ戦だが、まず雷神のスキルがたまらない。頑張ってためても回復を5個作る保証がない。ヨグを使うとHPが回復して火力が下がる。そこで立ち回りを変えた。先にヨグでHPを回復して1撃目を受けて、回復5個以上の盤面になるまで耐久。運良く1回めで成功。あとはボス戦で吸収無効がたまるまで耐久してからワンパン。

最終節;浦飯幽助で1コン。エンハンスなし副属性の無効貫通で3割ほど削れたので、エンハンスあり主属性だったらワンパンできたかもしれない。最後ミリ残しで1コン。変換スキルがなかったので運が悪かったらもっと石を持っていかれたかもしれない。アメンを持ってないのでスキル上げ周回をする気はない。

パズドラ 9月チャレンジダンジョン

Lv9:エド×リーチェでノーコン。クロガネマルの無効は無視。
Lv10:ミツネ×リーチェでノーコン。ポルックスまでに属性吸収無効が間に合わず、10ターン耐久した。ボスはルーレットを利用して盤面10コンボにしてからロック。

ルシャナ降臨は緑ソニアでノーコン。

サブアカでの一度きりチャレンジは諦めた。
数コンは許容するつもりだったが、セラフィスに負けるのでコンティニューする気にもならない。

パズドラ 一度きりチャレンジ!

ミルを進化させたいので挑戦。
浦飯幽助で対策をしたつもりだったが、ロックスキルをアシストし忘れた。
なんとか無効貫通を組んだが、5%ほど残った。
最初からやるのは面倒なので、水多めの盤面を引くか、吸収が切れるまでコンティニューすることにした。
結果2コンで済んだ。
サブアカではどうしようか。
リーチェならボス自体は1コンもすればクリアできそうなのだが、道中がきつい。
特に根性は運ゲーになるのでこれだけたくさんあるとやる気になれない。
フレンドを九十九にすればいいのか。
いないから無理だな。

川上稔「境界線上のホライゾンⅨ 上下」

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (9)上 (電撃文庫)
川上稔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-04-09)
売り上げランキング: 110,568

内容(「BOOK」データベースより)

創世計画の鍵を握る本能寺の変が目前に迫る中、P.A.Oda五大頂の一人、柴田・勝家が突如、賎ヶ岳の戦いの開始を宣言。“身内”の予期せぬ反乱に対応を迫られる五大頂および羽柴十本槍だが、柴田・勝家の真意は?その一方でトーリ率いる武蔵勢は、三征西班牙からの要請で本能寺の変に向けた事前会議を行うことに。ところが戦争大好き副会長、正純の“問題発言”によって、両陣営一触即発の事態に!?せんそうしゅき…!しゅきなの…!歴史再現のターニングポイントを前に、表面化する各勢力の思惑。果たして京の地で何が行われようとしているのか?シリーズ最大級の謎“本能寺の変”がいよいよ幕を開ける!そしてトーリとホライゾンの関係にも大きな変化が―!!第九話、開幕!


上巻のハイライトはエクストリームセックス。
下巻では織田信長の正体とともに創世計画の内容が明らかに。
未だ放置されている伏線も多々あるが、大方見えてきた気がする。
あとは創世計画の完遂を阻止するバトルと、末世の解決方法の模索に焦点が当てられるのだろう。
内容を覚えているうちに続きを読みたいが、その気力があるかどうか。

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (9)下 (電撃文庫)
川上稔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-06-10)
売り上げランキング: 106,568

パズドラ ジル=レガート降臨!

サブアカで石回収。
リーチェで挑戦。
サブは、塗り絵カーリー、オイフェ、極醒青オーディン、転生イシス。
アシスト、潜在覚醒は一切なし。
一応水染めで色合わせをしただけ。
なんとかノーコンクリアには成功したが、安定はしそうにない。
操作時間は14秒もあるのでパズルは楽々。
リーダーフレンドで軽減があるのでそれなりの耐久力はあるが、HPが低いので回復枯渇で即終了。
火力はサブが適当なせいか盤面次第でかなりムラがある。
水1コンボを含む4色以上7コンボでおよそ5000万。
水の複数コンボで火力が跳ね上がる。
ボス戦では一撃で7割以上削ったので2億は出ていたことになる。
サブを7コンボ強化持ちで固めればさらに出るだろう。
やってみて思ったが、サブの主属性を揃える必要はあまりないようだ。
回復込み陣と7コンボ強化を優先的に入れたほうが扱いやすくなる。
ということで闇カーリーが欲しい。

検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR