続・WSR-1166DHP


NTTのホームゲートウェイにつなげて、アクセスポイントモードで運用している。
ファームウェアをVer.1.11にしてから、DHCPでIPアドレスを取得できなくなり、再起動しても改善されないので、Ver.1.10にしたら、IPアドレスは取得できるようになったが、AOSSの設定が消え、再設定を強いられた。
別にIPアドレスを取得できなくても、Wi-Fiとしての機能は果たしているので、それ自体は問題なかったのだが、2.4GHz帯の接続が頻繁に不安定になるので、端末から再起動するのにIPアドレスが必要だった。
そしてその不安定さは未だ解決されていない。
しかし、その原因というか、不安定になる条件は判明した。
家族が使っているXperiaである。
それがWSR-1166DHPに2.4GHzで接続しているときに、PCで通信できなくなる。
普段は中継機経由で5GHzの方に接続しているのだが、何かの拍子に親機に接続することがある。
試しにFJL22と3DSを2.4GHzでつなげてみても、PCでの通信は安定していた。
Windows7のトラブルシューティングではどうやら暗号化まわりがあやしいらしい。
しかしどう設定をいじるべきかわからないのでお手上げ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
Amazon
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR