佐島勤「魔法科高校の劣等生 動乱の序章編」

魔法科高校の劣等生(21) 動乱の序章編〈上〉 (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2017-04-09)
売り上げランキング: 226

内容(「BOOK」データベースより)
二〇九七年三月。南米大陸で戦略級魔法『シンクロライナー・フュージョン』が使用された。それを契機に、世界に吹き荒れる動乱の嵐が、日本にも押し寄せようとしていた。翌月。国立魔法大学付属第一高校三年生に進級した達也と深雪の元に、十文字家当主・十文字克人からの招待状が届く。十師族、師補十八家の若手を集めて、自分たちを敵視する風潮に魔法師としてどう対処すべきかを話し合う為の会議に二人を招待する正式な書状。それが達也を、更なる波乱の日々へと誘う。


例のごとく記憶がもたないので下巻が出るのを待って読み始めた。
しかしそれ以前にこれまでのお話を忘れてしまっていた。
アニメは定期的に見直しているからそこまでは記憶があるので2期希望。
そういえば映画ももうすぐだ。
各種宣伝が完全に笑わせに来ている。

序章だからなのか話が散らかってるな。
もう多少のお兄様無双ではさすおにできない体になってしまった。
次巻のあらすじを読むと非常に面白そうだ。
来訪者編以来のワクワク感がある。

魔法科高校の劣等生(22) 動乱の序章編〈下〉 (電撃文庫)
佐島 勤
KADOKAWA (2017-06-09)
売り上げランキング: 14

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
Amazon
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR