綾辻行人「奇面館の殺人」

奇面館の殺人(上) (講談社文庫)
綾辻 行人
講談社 (2015-04-15)
売り上げランキング: 84,844

内容(「BOOK」データベースより)

奇面館主人・影山逸史が主催する奇妙な集い。招待された客人たちは全員、館に伝わる“鍵の掛かる仮面”で顔を隠さねばならないのだ。季節外れの大雪で館が孤立する中、“奇面の間”で勃発する血みどろの惨劇。発見された死体からは何故か、頭部と両手の指が消えていた!大人気「館」シリーズ、待望の最新作。


見事な一発ネタだった。
種明かしされてみると、気づいてしかるべきだった。
パズル要素が前面に押し出されていたので、かなり意外だった。

1ヶ月ぶり2回めのネズミによる光ファイバー切断のため、読書が捗った。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR