なぜ3Dコンテンツは流行らなかったのか?

3DSで久しぶりに遊んでみて、前から思っていたことを言語化しておくことにした。
私の個人的な感覚かもしれないが、「3D」という言葉のイメージは3Dホログラムだ。
すなわち、中空に浮かび上がる立体的な映像を指している。
しかし、3DSに限らず、一般的な3Dコンテンツは、映像が飛び出すのではなく、背景が引っ込むだけで、期待していた立体感を得られない。
3DSの3D表示を初めて体験したときのガッカリ感が全てだ。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
QRコード
QR