広江礼威「BLACK LAGOON 11」

ブラック・ラグーン (11) (サンデーGXコミックス)
広江 礼威
小学館 (2018-11-19)
売り上げランキング: 20

内容紹介
フォン編クライマックス!最新11集登場!

フォンは中国人民解放軍のスパイ。だがジェーンのせいで解放軍の情報をまんまと盗まれ、祖国からも裏切り者の烙印を捺されてしまう。それを知ったロックは日本を捨てたかつての自分を重ねる。ロベルタの件以来、くすぶるロックを見かねたレヴィはフォンのサバイバルに手を貸すよう仕向ける。フォンを狙う殺し屋グループに追われる中、ロックは一計を案じるが――


4年ぶり。
前巻の内容は当然覚えていないので、10巻の再読から始めた。
視力が落ちたせいか文字が小さくて読みづらかった。
普通に面白かったけど物足りない。
ロベルタ編が終わってから9年経っている。
9年かかってこれだけというのはいただけない。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRコード
QR