我が家の無線LAN環境まとめ(暫定版)

PS4を買ってから調子が悪いので状況を整理しておきたい。
ホームゲートウェイがルーターで、有線でブリッジモードのWSR-1166DHPにつながっている。
中継機はWZR-600DHP2。
いずれもファームウェアは最新。
親機の設定でデフォルトから変更しているのは、IPアドレスの固定と倍速モード。
中継機の設定も同様。

・親機-中継機間は5GHz優先になっているが、距離的にギリギリでよく途切れる。
自動的に復帰する場合と、2.4GHzに切り替わる場合と、完全に切断される場合があってよくわからない。

・なぜか中継機が親機の5GHzのSSIDしか中継しない。

・FJL22が頻繁に中継機につながらなくなる。
このとき他の端末は問題なくつながる。
IPアドレス取得中が1分間続いて、最終的に失敗する。
中継機を再起動するとつながるようになる。

・親機にXperiaをつないだときに、ノートPCの回線速度が極端に低下する。
このとき他の端末は問題なくつながる。
タスクマネージャー上ではネットワーク使用率ほぼ0%。Googleで回線速度を測定したら100Kbps以下。
エアーステーション設定ツールからは親機が見えなくなっている。
Windowsのトラブルシューティングでは電波が弱いか干渉しているという結果が出る。
タスクバーで確認できる電波強度は強いまま。
田舎なので自宅の電波しか飛んでいない。
中継機の電源を切っても状況は変わらない。
これと同様の現象がPS4をつないだときにも発生する。

・中継機として使っているWZR-600DHP2の挙動の怪しさについて
中継の設定を5GHz優先若しくは5GHzのみに設定すると、中継機が2.4GHzの電波を出さなくなる。
具体的に、Wi-Fi Analyzerで見えるのは、Buffalo-A-**(親機)、Buffalo-A-**(中継機)、Buffalo-G-**(親機)の3種類。
一方、2.4GHz優先若しくは2.4GHzのみに設定すると、Buffalo-A-**(親機)、Buffalo-A-**(中継機)、Buffalo-G-**(親機)、Buffalo-G-**(中継機)の4種類が確認できる。

・親機-中継機間を2.4GHzで接続した場合
親機-中継機間の接続は途切れづらくなるが、上記の不具合はそのままで、それに加えて、ノートPCがSSIDが同じで電波が強い中継機の方に接続してしまい、回線速度が約1Mbpsに制限される。
使えないことはないが、ADSL時代に戻ったようで非常にストレスを感じる。
中継機の設定でMACアドレス制限をすれば回避できるが、これがポジティブリストで使いにくい。
あるいは中継機のリピーター動作をやめることでも避けられるが、不具合の出ていない他の端末にも影響するので、やはり使いにくい。

といった現状でお手上げ状態。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR